« 浦島太郎と桃太郎と何かの端布・再考 | トップページ | 宝尽しの端布 »

2023年5月18日 (木)

浦島太郎と桃太郎と何かの端布・再考2

 昨日、「浦島太郎と桃太郎と何かの端布・再考」と題する文章を載せました。
 5月14日(日)に載せた「浦島太郎と桃太郎と何かの端布」という記事のうち、浦島太郎などを描いたと思われる絵柄の考察でした。
 今日は、もう1つの桃太郎を描いたと思われる画像の再考です。
 この絵です。
Momourahagire04
 車輪は宝物を載せた車、珊瑚は宝物の象徴と思われます。
 ところが、左下の異国風の帽子のようなものと、中央下の分銅のようなものが何なのか分かりませんでした。

 そのようなさなかに、最近たまたま入手した端布に似たようなものが描かれていました。
Otogihagire14
 車の上に満載されている宝物の中に、異国風の帽子のようなものがあります。

 これに興味を覚えて、ググってみたところ、「空いろ日和」というサイトに「宝づくしの柄」という項目が見つかりました。
http://sorakara11.blogspot.com/2011/10/blog-post_26.html

 そこに、この異国風の帽子のようなものと分銅様のものが、ともに載っていました。
Kakuregasa
Fundo
 帽子のようなものは隠れ傘、分銅様のものはまさに分銅でした。

 あれこれ段々に分かってくるのは楽しいです。

« 浦島太郎と桃太郎と何かの端布・再考 | トップページ | 宝尽しの端布 »

文化・芸術」カテゴリの記事

端布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦島太郎と桃太郎と何かの端布・再考 | トップページ | 宝尽しの端布 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ