« 『名頭苗字尽』 | トップページ | 昭和37年の『日本神話集』(2) »

2023年5月21日 (日)

昭和37年の『日本神話集』

 昭和37年発行の講談社の絵本『日本神話集』を入手しました。
S37nihonshinwa01
 内容は、八岐大蛇と海幸山幸です。
 無難な選択ですね。他に稲羽の素兎あたりが子供向けの神話として取り上げられやすいようです。

 まずは八岐大蛇。
S37nihonshinwa02
 タイトルは「おろちたいじ」となっています。
 「おろちたいじ」といっても、上の絵にあるように、物語は高天原におけるスサノオの乱暴から始まりますので、天の岩屋戸も含みます。
 上の絵では、馬の皮を投げ込むことになっていますが、記紀で投げ込んだのは皮か馬か微妙なところと思います。
 「高天原」は「たかまのはら」と読んでいます。
 当時は「たかまがはら」が一般的と思いますので、「たかまのはら」は新しい読みですね。

 天照大御神が天の岩屋戸から姿を現した場面。
S37nihonshinwa03

 おろち退治。
S37nihonshinwa04
 おろちの姿は龍のようです。

 宝剣出現。
S37nihonshinwa05
 物語はここで終わりです。

 上の場面の宝剣に関する文章。
S37nihonshinwa06
 ここでは、おろちの尾から出た剣はスサノオが自分の宝としたと書かれています。
 天照大神に献上して三種の神器の1つになったと書いては不都合なのでしょうかね。

 後半の海幸山幸の話は後日(たぶん明日)。

« 『名頭苗字尽』 | トップページ | 昭和37年の『日本神話集』(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

古事記」カテゴリの記事

日本書紀・風土記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『名頭苗字尽』 | トップページ | 昭和37年の『日本神話集』(2) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ