« 慶応2年の『横文字早学』 | トップページ | 「多武峯之図」 »

2023年4月18日 (火)

童謡の端布

 童謡の端布を入手しました。
Douwahagire01
 木綿で、サイズは36cm×80cmほどです。

 これが1単位になります。
Douwahagire02

 右上に「お伽のゑほん」とあります。
Douwahagire03
 左側には輪違いの紋。
 この紋を見ると、忠臣蔵の脇坂淡路守を思い出します。(^_^)

 左上は花咲か爺です。
Douwahagire04
 「大ばん 小判が」という歌詞があります。

 中央は浦島太郎です。
Douwahagire05
 歌詞は「むかしむかし うらしまは」です。
 他に「乙姫さん」「りう宮」という文字も。

 右下はかわいい魚屋さんです。
Douwahagire06
 これだけは童話ではありません。
 歌詞は「かわいい かわいい 魚やさん」です。

 左下にうさぎがいます。
Douwahagire07
 ちょっとすき間の埋め草のようです。
 歌詞は「月夜の」だけです。
 何の歌か分かりませんでしたが、ググってみると「月夜の兎」という歌がありましたので、これかと思います。

 中央左端に「一寸法師」という文字があります。
Douwahagire08
 タイトルだけで、絵も歌詞もありません。
 この左にあったのが切られてしまったのかもしれませんが、他の歌を見るとタイトルの書かれているものはありませんので、初めから絵や歌詞はなかったように思います。余韻ですかね。

 子供の着物の端切れでしょうが、絵も丁寧に描かれているし、なかなか楽しく味があります。

« 慶応2年の『横文字早学』 | トップページ | 「多武峯之図」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

端布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 慶応2年の『横文字早学』 | トップページ | 「多武峯之図」 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ