« 昭和62年「ザ・ベストテン」の台本 | トップページ | ならシカGPT »

2023年4月24日 (月)

昭和4年の「幼女スゴロク」

 このような双六を入手しました。
S04yojo01
 上欄外に赤字で大きく「幼女ヱバナシ」「新年号フロク」とあり、その2つの間に黒字で小さく「第十三巻 第一号」とあります。
 そして、上欄外の右側に「幼女スゴロク」とあり、また右側欄外には「昭和三年十二月五日印刷納本 昭和四年一月一日発行」とあります。
 ということで、これは『幼女ヱバナシ』という雑誌の昭和4年新年号の附録です。

 私がこれを入手したのは、「幼女」に関心があるわけではありません。関心があるのは双六の方です。

 双六のフリダシは右下にあることが多いように思いますが、この双六のフリダシは右上です。
 上リは一般的な中央です。

 いくつかアップで載せます。
 フリダシ。
S04yojo02
 「オマヰリ」とあります。初詣ででしょうかね。

 一と二。
S04yojo03
 一は、大きな雪だるまがあり、女の子はお盆の上に雪うさぎを載せています。うさぎはいいです。
 二は、スゴロク。みかんがたくさん積んであります。お正月はみかん。
 ここに止まった場合は、六に飛べます。

 六と七。
S04yojo04
 六は琴。源氏香の柄の着物を着ています。バックには松と太陽の絵の屏風。
 七は百人一首。ここで止まると1回休みです。

 八と九。
S04yojo05
 八は書き初め。文字は一部しか見えず、まだ書き終わっていませんが、たぶん「初日の光」かと思われます。
 九はトランプですね。ハイカラです。

 マスの数が少ないので、場合によってはサイコロを2回振っただけで上がってしまいます。(^_^;
 それぞれのマス目の絵はお正月のものですね。
 女の子達はみな着物を着ていますが、お正月だからでしょう。
 お金持ちの家のお正月風景と思われます。

 タイトルは「幼女スゴロク」ですが、描かれているのは小学生くらいですかね。
 私の感覚では、「幼女」というと幼稚園児まで、あるいは小学校低学年くらいまでなのですが、当時の語感ではもう少し上までを指すのでしょうか。

 あれこれ興味深いです。
 感想は、またいつものように、「同時代資料はおもしろい」ということになります。

« 昭和62年「ザ・ベストテン」の台本 | トップページ | ならシカGPT »

史料・資料」カテゴリの記事

双六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和62年「ザ・ベストテン」の台本 | トップページ | ならシカGPT »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ