« 『ならら』最新号の特集は富雄丸山古墳 | トップページ | 高崎でG7のデジタル相会議 »

2023年4月28日 (金)

草刈りぐんまちゃん

 今日は前橋で仕事の日でした。
 朝、目覚ましで目を覚ましたのですが、止めてまた寝てしまい、次に目を覚ましたときは1時間15分ほど経っていました。
 慌てて飛び起きて朝食を摂り、金魚にゴハンをやったりなど、日々のことは漏らさずして、バタバタと家を出ました。
 いつもよりも3本あとの新幹線になったものの、幸いに遅刻せずに着きました。
 普段はいかに余裕のある時間に起きているかが分かります。立派です。(^_^)
 などと自画自賛していないで、次回はちゃんと起きるようにします。

 県庁前広場で、草刈りぐんまちゃんに果敢に立ち向かっている猫の動画のことを教えて頂いていたので、その現物を見ることができるかと期待していたのですが、そううまくは行きません。(^_^;
 でも、草刈りぐんまちゃんはいました。
Gunmac_kusakari01
 お休み中のようで動いてはいませんでした。
 草刈りぐんまちゃんが動かなければ、猫は現れないのかもしれません。

 すぐ近くから。
Gunmac_kusakari02
 上から撮したので、頭でっかちになってしまいました。

 前橋での仕事を終えた後は、渋川の家に来ています。
 朝、東京駅ではさほどではなかったものの、前橋で仕事を終えた後、高崎に移動したら、高崎には大きな荷物を持った人がたくさん行き交っていました。連休前日といった感じでした。

« 『ならら』最新号の特集は富雄丸山古墳 | トップページ | 高崎でG7のデジタル相会議 »

ぐんまちゃん」カテゴリの記事

コメント

猫の道具は私も見ました。
自動で草刈りする機械があるなんて知らなかったものですから、「へえ、こんな便利な機会があるんだ」と感心しましたが、よく考えれば、理屈はルンバとかと一緒ですね。


以下は2010年8月14日の毎日新聞に(多分、奈良判)あった記事らしいのですが…

奈良公園は、芝の部分だけで阪神甲子園球場のグラウンドの約40倍に相当する約53ヘクタール。国の天然記念物に指定されているシカは約1200頭いる。保護活動をしている「奈良の鹿(しか)愛護会」の試算(04年)によると、シカがいなくなり業者に芝刈りや施肥などの管理を年20回委託すると、年間約100億円かかるという。

だとすれば奈良の県庁などもそのおこぼれに預かっているのでしょうね。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 奈良鹿がどれほど貢献しているかの好例ですよね。
 草刈りの必要がないのですから。
 他にも、奈良のイメージアップにも役立っているし。
 奈良鹿は正義。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ならら』最新号の特集は富雄丸山古墳 | トップページ | 高崎でG7のデジタル相会議 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ