« 「般ニャ心経」のトートバッグ | トップページ | 駅のホームの乗車口案内板 »

2023年2月24日 (金)

渋川の家の水道が

 今日は恒例の前橋で仕事の日でしたので、またまた遠距離移動をしてきました。
 今回も、東急線の外に出るのは1ヶ月振りです。それをいきなり県境を2つも越えて。
 今日は久しぶりに渋川の家に行きました。
 前回が12月10日からの2泊3日でしたので、2ヶ月半ぶりくらいになります。
 この間、何度も「行かねば」とは思いつつ果たせませんでした。

 久しぶりに渋川の家に来て、郵便ポストの中の手紙等を回収しました。
 年賀状も7~8通。なかなか東京の住所が浸透しません。(^_^;
 そんな中にこのようなチラシが。
Handasuidou01

 もう1枚。
Handasuidou02

 確かに、蛇口をひねっても水が出ません。
 外に出て、バルブをひねると、台所の蛇口から盛大に水が流れ出しました。
 どうも、気温が下がった日に、蛇口に溜まった水が凍って、それでどうにかなった(←よく分からない)のでしょう。
 渋川はやはり寒冷地のようです。

 水道代は3万円を超えていました。こんなことはかつてありません。
 いやぁ、しかし、どこのどなたか存じませんが(←渋川市水道局の人ですが)、親切な人がいるもので、バルブを閉めてくださったのですね。
 もし締めてくれなければ、ずっと流れ続けていたことでしょう。
 やはり、あまり留守にしていてはいけません。

« 「般ニャ心経」のトートバッグ | トップページ | 駅のホームの乗車口案内板 »

日常」カテゴリの記事

コメント

12月の末から2月にかけて結構寒い日がありましたからねえ。
最近は水道が凍るなんてことがあんまりありませんでしたから…

それにしても、3万円は痛いですねえ。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 本当に、エライことでした。
 こんなこと1度もありませんでした。
 いや、大昔に1回だけあったような気もします。
 その時は朝起きたら水が流れっぱなしになっていたので、大したことはありませんでしたが、今回のように低温が予想されたときは、あまり長期間留守にするのは危険ですね。

 普段の水道リュウキンは意識したこともありませんでしたが、3万円というのは記憶にありません。
 水道局の人が元栓を閉めておいてくれて助かりました。

前橋のお仕事、お疲れ様でございました。

> 気温が下がった日に、蛇口に溜まった水が凍って、それでどうにかなった(←よく分からない)
とのお話ですが、1月の寒波の時に「水道管の凍結で(体積が増して)破損することがある」というニュースを見ました。
バルブから家の中の蛇口までのどこかで漏水しているということはないでしょうか。
元栓を閉めて東京へお戻りになったのでなくて漏水していると、同じようなことになるのでは、と思いました。

寒冷地での生活の経験はないので、無駄にご心配をあおるようなことでしたらどうぞそのままに。

源さんの後輩さん

 ご心配頂きましてありがとうございます。

 一昨日の記事が簡単すぎて失礼しました。
 詳細は今日(26日)の記事の通りです。
 コマを交換した後、元栓を開けて、しばらく見ていましたが、メーターは回っていませんでしたので、漏水はないと思います。

 お気遣い頂きましてどうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「般ニャ心経」のトートバッグ | トップページ | 駅のホームの乗車口案内板 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ