« 近鉄奈良駅の副駅名設定記念入場券 | トップページ | 今日のブラタモリは前橋 »

2023年2月10日 (金)

絵般若心経の帆布トートバッグ(2)

 一昨日、絵心経のトートバッグを載せました。
Ehannya01
 眺めているうちにいくつか興味深いものが見つかりました。

 まずは、今年の干支でもあり私の好きなうさぎを。
 うさぎがいました。
Ehannya03
 原文は「無有恐怖」です。「有(う)」をうさぎで表現しています。

 もう1つ。うさぎが4羽。
Ehannya04
 原文は「無苦集滅道」です。このうちの「集(しゅう)」を4羽のうさぎで表現しています。
 「四卯(しう)」なのでしょう。
 うさぎが集まっていて嬉しいです。

 次に「空即是色」を次のように表現しています。
Ehannya05
 2字目は矢が2本的にあたっています。これが「そく」の文字を表現しています。
 2本の矢が的中することを「束」とか「束中(そくちゅう)」と言います。弓道の専門用語です。
 私は学生時代に弓道部に所属していました。もう「束(そく)」などという語はすっかり忘れてしまっていましたが、この絵を見て、「あれ、なんかあった」と考えて思い出しました。懐かしいです。

 重箱の絵がいくつか登場しています。次の通りです。
Ehannya06
 これが全てではなく、あといくつかあります。
 原文は以下の通りです。
  受想行識
  是故空中
  即説呪曰
 これらのうちの最初の「受(じゅ)」、2番目の「中(ちゅう)」、3番目の「呪(しゅ)」です。
 原文の文字も異なりますし、読み仮名も異なります。
 それらを全て同じ重箱の絵で表しています。
 この絵心経は、原文の文字にはとらわれず、読誦するときの発音で絵を選んでいるのでしょう。
 発音ならば、これらは「じゅーそーぎょーしき」「ぜーこーくーちゅー」「そくせつしゅーわつ」となりそうですので、そうなると重箱の絵はそれぞれ「じゅー」「ちゅー」「しゅー」となって、より近い発音になります。
 清濁についても、時代や宗派や地域によっても異なるでしょうから、あるいはこれらは「じゅー」と発音して、重箱の絵を宛てたのかもしれません。

 いろいろと興味深いです。

« 近鉄奈良駅の副駅名設定記念入場券 | トップページ | 今日のブラタモリは前橋 »

文字・言語」カテゴリの記事

民俗・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近鉄奈良駅の副駅名設定記念入場券 | トップページ | 今日のブラタモリは前橋 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ