« 脳はまだまだ成長する | トップページ | 鳥獣戯画の端布 »

2023年1月22日 (日)

昭和7年の「参宮急行名所図絵」

 このようなものを入手しました。
S07sangu01
 縦に2つ折りにして、表裏の表紙になっています。

 中身です。
S07sangu02
 細かすぎてよく分かりませんが、吉田初三郎描く鳥瞰図です。
 発行者は、大軌(現在の近鉄)の子会社である参宮急行電鉄です。
 発行年は不明ですが、伊勢神宮の解説文の中に、神宮の創始を垂仁天皇26年とし、「今を距る一千九百三十五年の昔である」とあることで、計算すると、この文中の「今」というのは昭和7年(1932)であることが分かります。

 右上隅をアップにします。
S07sangu03
 右上に巨大な大軌本社。神戸、下関、門司、そして釜山まで描かれていますが、そこまでは見えませんよね。(^_^;
 下には生駒山や法隆寺、信貴山が描かれています。

 奈良附近。
S07sangu04
 右上に大極殿趾が描かれています。
 奈良市内には大仏殿、猿沢池、春日神社など、おなじみの奈良の名所が描かれています。
 その中に、奈良ホテル、月日亭という宿泊施設も描かれています。有名な施設だったのでしょうね。
 左下には「大軌奥山廻り遊覧自動車」の文字があります。大軌が運営しているバス路線なのでしょう。

 飛鳥附近。
S07sangu05
 二上山、安倍文殊院、多武峰、三輪神社、長谷寺、天理教本部などが見えます。

 松坂と斎宮趾。
S07sangu06
 松坂には鈴の屋旧宅や本居宣長の墓。左下には斎宮旧趾が載っています。

 外宮。
S07sangu07

 内宮。
S07sangu08

 二見浦附近。
S07sangu09
 夫婦岩が描かれています。

 いつもながら、初三郎の鳥瞰図は、それぞれの位置関係がよく分かりますし、細かくて、見ていて楽しい絵図です。

« 脳はまだまだ成長する | トップページ | 鳥獣戯画の端布 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

吉田初三郎さんの鳥瞰図は,見ていて楽しいですね。
細かい絵を,アップにしていただいたので,分かりやすくて良いです。
私は,伊勢街道を松阪まで歩いていて,その先を今年中に歩きたいなと思っています。
楽しみです。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 初三郎さんの鳥瞰図は、ほんと楽しいですよね。
 細かくて、精密で、分かりやすくて。
 しかし、絵も字も細かくて、私の目にはちょっと厳しいです。
 ディスプレイ上だと実物よりも大きく写せるので、これならばっちりです。

 伊勢街道を松坂まで、そしてその先もという目標、ぜひ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脳はまだまだ成長する | トップページ | 鳥獣戯画の端布 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ