« 埴輪4種 | トップページ | 昭和37年の「みんなのうた」 »

2023年1月10日 (火)

平城宮大極殿彩色壁画

 今年の年賀状には、平城宮大極殿の壁画のうさぎを使いました。
 描いたのは著名な日本画家であろうと思いましたが、誰だろうと気になってググってみました。
 その結果、上村淳之画伯だということが判明しました。
 上村松園画伯の孫ですね。
 そして、ググった副産物として、この壁画のチラシのあることが分かりました。
 六一書房から買えることも分かりましたので、早速注文しました。
 税込100円。送料の方が高価でした。2010年8月発行です。
Daigokudene01
 横長の紙を縦に4つ折りにしてあります。

 四神。
Daigokudene02

 十二支。
Daigokudene03

 今年の干支の卯と来年の干支の辰。
Daigokudene04

 戌と酉。
Daigokudene05
 どちらも親子の絵が描かれています。
 鶏は、チラシの現物でも良く見えませんが、2羽の親鳥の間にひよこが2羽います。

 素敵な絵です。

« 埴輪4種 | トップページ | 昭和37年の「みんなのうた」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

うさぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埴輪4種 | トップページ | 昭和37年の「みんなのうた」 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ