« 金魚のお腹が気になる | トップページ | 動物遊園地の端布 »

2022年11月12日 (土)

今日の「ブラタモリ」は善光寺

 今日の「ブラタモリ」は善光寺でした。
 善光寺の立地や門前町のことにも触れていましたけれども、多くは善光寺そのものについてでした。
 こういうのは「ブラタモリ」では珍しいと思います。
 最後のところで、野口アナのお腹がグーと鳴ってしまったのを、撮り直さずにそのまま流していたのは「ブラタモリ」らしいと思いました。(^_^)

 善光寺には1度だけ行ったことがあります。
Zenkoji08

 平成27年(2015年)10月に萬葉学会が信州大学の教育学部で開催された折です。
 今から7年前、ご開帳の年でした。

 その折、ブログでも取り上げたのですが、歴代の回向柱の高さが謎でした。
Zenkoji09
 このように、歴代の回向柱が年の順に並んで建てられているのですが、古いものほど低くなっています。

 左側の新しいもの3本をアップにします。
Zenkoji10
 「維時 平成○○年~」の文字の高さが古いものほど低くなっています。
 つまり、これらの回向柱は古いものほど地中に沈んでいることになります。
 回向柱は、年を経るに従って、次第に自重で地中に沈んで行っている。
 なんて、そんなはずはありませんよね。
 古い回向柱は頭を叩いて地中に打ち込んでいるのでしょうかね。

 7年経っても謎が解けません。(^_^;
 「ブラタモリ」で取り上げて欲しかったのですが、出てきませんでした。
 次回は善光寺の2回目ではなくて、安曇野だそうです。

« 金魚のお腹が気になる | トップページ | 動物遊園地の端布 »

テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

民俗・宗教」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

11月12日のブラタモリが善光寺だったとは存じませんでした。
歴代の回向柱のことは「徐々に土に還っていきます」と説明が付いているようです。
https://omairi.club/posts/376643

源さんの後輩さん

 コメントをありがとうございます。
 こちらこそ御無沙汰しています。

 再放送をどうぞお見逃しなく。
 あるいは、NHKプラス。

 ご教示ありがとうございます。
 宗教的にはそれが穏やかで良いと思います。

 でも、つい、科学的に考えてしまいます。
 土中にバクテリアがたくさんいて、それが土中に埋まった回向柱を徐々に分解してゆく。
 それに従って、回向柱は自重で徐々に沈んでゆく。
 そんな仕組みでしょうかね。
 そういうことなら納得できます。

 そうかもしれませんね。

 回向柱の木材は、毎回松代町が奉納しているそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚のお腹が気になる | トップページ | 動物遊園地の端布 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ