« 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) | トップページ | その後のベニカナメモチ »

2022年10月13日 (木)

飴細工の金魚

 飴細工の金魚を頂きました。
 どこで撮そうかと思いましたが、少し考えて、これはもう金魚の水槽の前一択かなと思いました。♪
Kingyoame01
 この金魚、1点1点手作りなんですよね。職人さんの技です。
 見事に金魚が再現されていると思います。

 後ろを金魚が通りかかるタイミングで撮ると、よりきれいな色になります。
Kingyoame02
 より映えます。

 もう1つ、黒出目金。
Kingyoame03
 タイミングを誤ると、赤出目金になってしまいます。(^_^)

 正面から。
Kingyoame04
 この角度からだと、出目金であることがよく分かります。
 リアルですね。この目なんかどうやって作ったのでしょうね。
 手作り、すごいです。

 素敵なものを頂きました。
 食べるのは勿体ないですけど、撮影したので、食べてしまいました。
 おいしゅうございました。

« 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) | トップページ | その後のベニカナメモチ »

菓子」カテゴリの記事

金魚」カテゴリの記事

コメント

美しい。
飴細工なんて,まさに芸術ですね。すごい。
背景に金魚の水槽で写したのも,いい。
源さんのアイデアもよかったね。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 本当に超絶技巧ですよね。
 江戸下町の伝統工芸のようです。

 バックは、実は最初に思い付いたのは青でしたが、それでは青い金魚になってしまうと思って、すぐに却下し、水槽にしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) | トップページ | その後のベニカナメモチ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ