« 明治38年の「奈良名勝独案内図」 | トップページ | 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) »

2022年10月11日 (火)

今日の園芸(1)

 ベランダに置いているオリヅルランから伸びたランナーの先端がアマリリスの鉢の上に乗っていました。
Orizuru20221011a
 このオリヅルランの子株を引っ張ったら持ち上がりません。いつの間にか根が生えたようです。
 アマリリスとオリヅルランとの寄せ植えというのもナンですので、この子株は別の鉢に移すことにしました。

 どれくらい根が伸びているか分かりませんので、土をなるべくたくさん掘って、新しい鉢に植え付けました。
Orizuru20221011b
 一丁上がりです。
 うまく根付いてくれると良いです。

 さて、家主のアマリリスの鉢の方は、オリヅルランに付けて掘り出してしまった土を補わなければなりませんが、それとともに、土の位置が低いですね。「水位が低い」という表現がありますが、それに寄せて言えば、「土位が低い」ということになります。
 そこで、なるべく根鉢を崩さないように鉢土を抜き、鉢底に新しい土を入れてかさ上げし、そこに根鉢を戻すことにしました。

 抜きました。
Ama20221011a
 ほとんど鉢土を崩さず抜くことができました。
 そこそこ根が張っています。
 来春の花が期待できます。

 鉢底に土を入れてかさ上げし、
Ama20221011b

 根鉢を戻して完成です。
Ama20221011c
 きれいにできました。♪

 ご覧のように、これら一連の作業は部屋の中で行いました。
 気を付けて行ったのですが、土が少しこぼれました。
 あとで掃除機を掛けます。
 普通、外でやる作業ですよね。(^_^;
 どうも不精で。

 このあと、2つの鉢はベランダに出して、たっぷり水やりをしました。
 それで完了です。

 タイトルに(1)を付けましたが、今(2)の予定はありません。
 将来のための用意です。

« 明治38年の「奈良名勝独案内図」 | トップページ | 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) »

日常」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治38年の「奈良名勝独案内図」 | トップページ | 明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(4) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ