« 奈良県三郷町で萬葉学会(2) | トップページ | 元禄11年の武鑑(1)浅野内匠頭と浅野大学 »

2022年10月17日 (月)

奈良県三郷町で萬葉学会(3)おまけ

 いつの萬葉学会でしたか、「次回の会場は奈良県のサンゴウ町です」と言われたとき、「はてどこだろう?」と、すぐにはピンときませんでした。やがて、「三郷町」という字面が頭に浮かび、「ああ」と納得できました。
 といっても、恥ずかしながらおおよその位置が分かるくらいでした。
 地図を見ると、聖徳太子ゆかりの斑鳩の西で、平群の南、斑鳩町の東の堺の向こうには龍田があります。
 上代文学や古代史ゆかりの地なのでした。信貴山の南東麓にも当たります。

 会場は三郷町ですが、宿はお隣の王寺に取りました。
 王寺駅の改札口には雪丸君がいて、迎えてくれました。
R04manyo15

 通路には雪丸君の足跡が。
R04manyo16

 階段を降りると、聖徳太子が迎えてくれました。
R04manyo17
 雪丸君は聖徳太子の愛犬です。

 1日目の大会のあと、3人連れで王寺駅まで歩きました。
 途中、大和川沿いの道がありました。
R04manyo18
 この川の手前が三郷町、川の向こうが王寺町です。
 左側に見えている橋を渡ります。

 橋を渡って歩いていると、途中にこういうのぼり旗が何本か立っていました。
R04manyo19
 久度神社と書かれています。
 延喜式祝詞に久度古開(あるいは久度古関)とあるのを思い出しましたが、神社まではやや距離がありそうでしたので、立ち寄りませんでした。
 帰宅して調べてみたら、この神社は式内社の久度神社でした。
 行けば良かったかも。

 会場の近くにはこのようなマンホールの蓋がありました。
R04manyo20
 三郷町はやはり龍田と関連の深い町なのでした。
 昨日ご披露しましたように、会場のホールの緞帳も龍田の紅葉でした。

« 奈良県三郷町で萬葉学会(2) | トップページ | 元禄11年の武鑑(1)浅野内匠頭と浅野大学 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良県三郷町で萬葉学会(2) | トップページ | 元禄11年の武鑑(1)浅野内匠頭と浅野大学 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ