« 「ミルコト ミエナイコト サワルコト」展 | トップページ | のるるんとCI-CA »

2022年10月 6日 (木)

明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』(2)

 少し日が経ってしまいましたが、9月27日(火)にご紹介した「明治7年の『童蒙 画引単語篇 一』」の続きです。
M07ebikitango01

 「方(方角なり)」
M07ebikitango08
 東西南北と四隅の方角に続き、上下左右前後は図解してあります。
 最後の「中」は言葉による解説があり、内容は適切と思います。

 「形(物のかたちなり)」
M07ebikitango09
 冒頭に四角形がありますが、語形は「四角」ではなくて「角」ですね。「角」と呼ぶ方が一般的だったのでしょうかね。
 3行目以下の図もなかなか興味深いです。

 「貨(世界通用の金銀貨幣をいふなり)」
M07ebikitango10
 左ページの3行目「唐銀」に「イスハニヤドル」、「鷹銀」に「メキシコドル」という解説があります。
 4行目の「イチドル」の表記は「一員銀」、「一ペンニ」の表記は「辺〓(口ヘンに尼)」です。ペニーですよね。

 続きです。
M07ebikitango11
 「一センド」の表記は「先土(せんど)」とあります。「セント」ではなくて「センド」です。
 続いて、イギリスの金貨・銀貨、ロシアの金貨、フランスの金貨の図が載っています。

 この本、意外と国際的なのでした。

« 「ミルコト ミエナイコト サワルコト」展 | トップページ | のるるんとCI-CA »

文字・言語」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ミルコト ミエナイコト サワルコト」展 | トップページ | のるるんとCI-CA »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ