« 水槽の底砂が偏る | トップページ | 平成2年の『高句麗広開土王碑拓本写真集』 »

2022年9月17日 (土)

昭和26年の『魚ずくし』

 昭和26年発行の講談社の絵本です。
S26uozukushi01
 講談社の絵本の内容は、おとぎ話や人物伝というイメージでしたが、こういうのもあったのですね。
 表紙の子供たちは、レトロな顔立ちと服装です。
 この本、私と同い年です。私はこんな時代に生まれたのでした。
 金魚鉢の中の金魚、あまりにもギュウギュウですね。(^_^;

 鯛。
S26uozukushi02

 鮭。
S26uozukushi03

 鰺。
S26uozukushi04
 鰺だけは、まあじ、ひらあじ、いとひきあじ、という種類が載っています。

 解説の部分だけまとめてみました。
S26uozukushi05
 どれも、それぞれに生態や特徴の解説があります。
 そして、鯛の場合はどういうときに食べられるかという食文化、鮭の場合は輸出という経済活動、鰺の場合は食べ方が述べられています。
 ここには海の魚だけを載せましたが、淡水魚も載っています。

 絵を見ても、文章を読んでも、楽しい絵本です。

« 水槽の底砂が偏る | トップページ | 平成2年の『高句麗広開土王碑拓本写真集』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

レトロ」カテゴリの記事

コメント

5枚目の写真で,解説を大きく写してくれているのに
2・3・4枚目の写真の解説を苦労しながら読んでしまいました。
なかなかおもしろいですね。
でも,今の図鑑の方が,科学的で分かりやすいです。

金魚は,載っていましたか?

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 なかなか面白い本で、気に入っています。
 図鑑のようではありますが、やはり絵本なのでしょうね。
 そのあたりが、図鑑とは性格が微妙に異なるのだと思います。

 金魚も載っています。
 種類は、くろでめきん、りゅうきん、しゅぶんきんです。
 残念ながら和金は載っていませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水槽の底砂が偏る | トップページ | 平成2年の『高句麗広開土王碑拓本写真集』 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ