« 中秋の名月(令和4年) | トップページ | 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) »

2022年9月11日 (日)

鎌倉武士の鑑・畠山重忠

 「鎌倉殿の13人」、今日は珍しく誰も死にませんでしたが、なかなか厳しい状況ですね。不運急。
 畠山重忠があんな目に遭うのは納得できないことです。

 こんな絵があります。
Hatakeyama01
 画面の左側に書かれている解説を切り貼りします。
Hatakeyama02
 一ノ谷の坂を、馬を背負って降りるって、それは無理かと思いますが、こういう伝説が生まれるような剛の者だったのでしょう。

 この絵が収められているのは、『教訓名画集』という本です。
Hatakeyama03
 奥付がないので、いつの発行か分かりませんが、昭和10年代と思われます。
 帯の左側にこうあります。
Hatakeyama04
 「家の宝として」というのは、ちと大袈裟です。
 帯の右側にある様に、定価80銭ですしね。
 講談社の絵本の豪華版といった感じです。

 収録されているのはこういった面々です。
Hatakeyama05

 絵のページにも簡単な解説が付いていますけど、他に別冊の解説集があります。上の一覧はこの解説集の目次です。
 畠山重忠については、こういう書き出しです。
Hatakeyama06
 この先は省略しましたが、まだ続きます。
 曽我兄弟を助けたとあります。これも史実かどうかは分かりませんが、悲運の2組をくっつけた伝説なのかもしれませんね。

 畠山重忠の絵を描いたのは、磯田長秋画伯(明治13年~昭和22年)。
 小堀鞆音に師事し、歴史人物画、特に合戦図を得意とした、とのことです。

 「鎌倉殿」、来週見るのが切ないです。

« 中秋の名月(令和4年) | トップページ | 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中秋の名月(令和4年) | トップページ | 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ