« 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) | トップページ | 「ヤッターマン」の台本 »

2022年9月13日 (火)

おとぎ話の端布C

 少し久しぶりの端布です。
Otogihagire10
 正絹で、サイズは37cm×129cmほど。
 絵柄はおとぎ話です。

 これが1単位になります。
Otogihagire11
 全部で5つの四角い札状のものが並んでいます。

 そのうちの2枚。
Otogihagire13
 上は猿蟹合戦、下は桃太郎ですね。
 桃太郎の方は、奥から桃が流れてきます。川の波は青海波。
 手前のたらいから水が流れているのかと思いましたが、布ですね。

 別の2枚。
Otogihagire12
 右上は花咲か爺、左下は兎と亀ですね。
 花咲か爺の方は、「ここ掘れわんわん」の犬が犬張り子になっています。
 回りには小判がいっぱい。上には竹刀袋に描かれているような菖蒲柄。
 兎と亀は元々は外国の話なのに、おとぎ話のかるたにもよく採られていて、人気です。

 アップにはしませんでしたが、2羽の雀が描かれているのは舌切雀でしょうね。

 楽しい端布です。

« 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) | トップページ | 「ヤッターマン」の台本 »

端布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政子が実朝のために選んだ歌(補遺) | トップページ | 「ヤッターマン」の台本 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ