« 『はてしない物語』 | トップページ | 折れてしまったアジサイその後 »

2022年9月21日 (水)

「截瘧丸」の袋

 ネットオークションでこのようなものを入手しました。
Setsugyaku01
 薬袋です。
 右側に、「陸軍々医総監従四位勲二等松本順先生方剤」とあります。
 松本順は、元の名は松本良順。幕府に仕え、将軍の治療に当たり、新選組の近藤勇や土方歳三とも親交があって、新選組隊士の治療にも当たりました。
 維新後、投獄されますが、赦免されて新政府に仕え、初代軍医総監に任じられます。
 よほどの名医だったのでしょう。
 つい最近のチコちゃんで、大磯を海水浴の適地として開発したという話題が登場しました。

 薬袋には「従四位」とあります。
 松本順が従四位に叙されたのは明治19年10月で、明治26年7月には正四位に昇叙されていますので、この薬袋が印刷されたのは、明治19年10月から明治26年7月までの間ということになります。

 裏側です。
Setsugyaku02
 効能と用法が書かれています。右下には定価金十五銭。上には印紙が貼ってあります。

 印紙のアップです。
Setsugyaku03
 2枚で合計1銭5厘。定価の1割を売薬税として納めたことになります。

 この印紙で封緘してあります。
 入札したときには分からなかったのですが、封は切っていなくて、中には薬が入っています。
 今から130年ほども前の薬です。
 どんなものか気になりますが、130年間そのままだったものを私が封を切るというのも憚られます。
 ちょっとどうしたものか考え中です。

 しかし、また珍しいものを入手しました。
 私にとっては全くの新分野です。
 収集品の範囲がまた拡大しそうで怖いです。(^_^;

« 『はてしない物語』 | トップページ | 折れてしまったアジサイその後 »

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『はてしない物語』 | トップページ | 折れてしまったアジサイその後 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ