« 昭和23年の『新日本地図』(中) | トップページ | うさぎやひよこの端布 »

2022年8月 4日 (木)

昭和23年の『新日本地図』(下)

 2回に亙って取り上げた昭和23年の『最も要約された 新日本地図』の続きです。
 日本列島の途中で紙を貼り継いでまで用紙の節約を図ったと思われる日本地図。
S23shinnihonchizu05

 北海道の端から鹿児島の端まで、ギチギチに日本列島を収めています。

 いえ、実は収まっていなくて、知床岬は切られてしまっています。
S23shinnihonchizu10
 伊豆諸島は仕方ないとしても、もう少し伸ばせば知床岬は入ったでしょうに、ほんと徹底しています。

 他の島嶼部もこんなです。
S23shinnihonchizu11
 対馬も、種子島、屋久島も、五島列島も、記念写真で当日欠席したお友達状態。

 沖縄はありません。
 まだ米軍統治下で日本に施政権がなかった時代だからでしょう。

 仔細に観察すれば、今と違う点もいくつか見つかるかもしれませんが、すぐに見つかったのは、今は亡き八郎潟です。
S23shinnihonchizu12
 今は埋め立てられてしまいましたね。
 巨椋池もこの時点では既に形跡もなかったはずです。

 地図を見るのは楽しいです。

« 昭和23年の『新日本地図』(中) | トップページ | うさぎやひよこの端布 »

史料・資料」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

八郎潟は,埋め立てでなく,干拓だと思いますが・・・。

萩さん

 あ、そうでした。
 ありがとうございます。
 干拓ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和23年の『新日本地図』(中) | トップページ | うさぎやひよこの端布 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ