« 明治14年の『一新諸国道中記』(3) | トップページ | ぐんまちゃんのキーホルダー3種(ケロリン、勾玉、鈴) »

2022年8月25日 (木)

明治36年の「奈良名所早見図」

 明治36年の「奈良名所早見図」を入手しました。
M36narameisho01
 下部欄外に「明治卅六年二月廿八日印刷仝年三月五日発行著作印刷兼発行者奈良県奈良市大字雑司百廿番邸筒井梅吉」とあります。

 この絵図と似たものに「奈良名所絵図」があります。
Naraezu01
 発行年は不明ですが、江戸時代または明治初期のものではないかと思います。
 版元は絵図屋庄八で、筒井梅吉も同じ版元です。

 江戸期のものと思われる「絵図」と、明治36年の「早見図」とを何ヶ所か比較してみます。
 左上の興福寺。
 「絵図」。
Narameishohikaku01

 「早見図」。
Narameishohikaku02
 「早見図」では、北の方に県庁、裁判所、師範学校などが建っています。
 また、「絵図」にはあった南大門や回廊が、「早見図」ではなくなっています。

 東大寺の左側。
 「絵図」。
Narameishohikaku03

 「早見図」。
Narameishohikaku04
 「絵図」では戒壇院、正倉院、転害門が建っていますが、「早見図」ではそれらを無視して大仏の紹介が書かれています。
 戒壇院や転害門などよりも大仏の紹介を重んじているかのようです。

 飛火野。
 「絵図」。
Narameishohikaku05

 「早見図」。
Narameishohikaku06
 「絵図」では広々としていて鹿が3頭遊んでいますが、「早見図」では奈良国立博物館や商品陳列場が建っています。
 鹿は1頭に減ってしまいました。(^_^;

 猿沢池。
 「絵図」。
Narameishohikaku07

 「早見図」。
Narameishohikaku08
 こちらは両方ほぼ同じです。
 猿沢池の左側に鹿と人が描かれています。
 この人は鹿にエサをやろうとしているのでしょうか。
 当時、既に鹿せんべいはあったのでしょうかね。

 単独でも面白いですが、時代の異なる2つの史料を比較するのはもっと楽しいです。

【追加】

 三友亭主人さんのコメントにお応えして画像を2枚追加します。
 春日大社の西側です。

 「絵図」。
Narameishohikaku09

 「早見図」。
Narameishohikaku10

« 明治14年の『一新諸国道中記』(3) | トップページ | ぐんまちゃんのキーホルダー3種(ケロリン、勾玉、鈴) »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

>時代の異なる2つの史料

まったくと言っていいほどおんなじ範囲で、構図もほぼ一緒。
比較する資料としては申し分なしですよね。
私としては、春日大社界隈の道の描き方が変化してるのが気になっています。あとの時代のものがより正確になったのか、それとも実際に道が変わったのか…興味深いです。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 本当に、比較するには理想的な2枚の絵図と思います。
 同じ版元ですので、こういう2枚の絵図になったのかと思います。

 春日大社の西側の道、確かに異なりますね。
 画面が小さいので、拡大図を追加しました。
 これを比べると、建物が新たにできたり、なくなったりして、それに応ずるように道が変わっているように見えますので、どちらの絵図も道はそれぞれに正しいのではないかと思います。

写真の追加、ありがとうございました。
お陰様でよくわかります。

写真の追加、ありがとうございました。
お陰様でよくわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治14年の『一新諸国道中記』(3) | トップページ | ぐんまちゃんのキーホルダー3種(ケロリン、勾玉、鈴) »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ