« 「飛鳥を愛する会」会員証 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎 »

2022年8月10日 (水)

赤穂浪士討ち入りの端布

 赤穂浪士討ち入りの端布を入手しました。
Akohagire01
 木綿で36cm×97cmです。

 これが1単位になります。
Akohagire02
 一番下が吉良邸の門です。

 表門を越える場面。
Akohagire03
 大石内蔵助は陣太鼓を手にしています。

 吉良方の牧野春斎が火鉢を投げて奮戦する場面。
Akohagire05
 
 泉水の場面。
Akohagire04
 橋の上は清水一学。作品によっては小林平七の場合もありそうです。

 これは呼び子を吹いているように見えます。
Akohagire06
 上野介が炭小屋で発見された所でしょうか。

 こういう着物を誰が着たのでしょうね。
 本懐を遂げたという意味で、ある意味おめでたい柄なのでしょうかね。
 受験生が着たとか。

« 「飛鳥を愛する会」会員証 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

端布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「飛鳥を愛する会」会員証 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ