« 赤穂浪士討ち入りの端布 | トップページ | 正露丸のストラップ »

2022年8月11日 (木)

上腕骨外側上顆炎

 ここ1ヶ月ほど、左肘から腕に掛けて痛みがあります。
 普段は何ともないのですが、タオルを絞ったり、水道の蛇口をひねったり、重いものを下げたりするときだけ、痛みが出ます。
 昨日、整形外科で見てもらったところ、「上腕骨外側上顆炎」と診断されました。聞いたこともない病名です。
 通称「テニス肘」だそうです。これならば聞いたことがあります。
 なお、「上腕骨外側上顆炎」をATOKは一発で変換してくれました。

 医院でこういう紙をくれました。
Tenniselbow01

 下の方の右側にこうあります。
Tenniselbow02
 2行目の終わりに、「年齢とともに」とあります。
 「年齢とともに」って、これまた経年劣化なのですね。イヤですねぇ。

 治療は、肘の少し下にサポーターを巻く、湿布をする、理学療法としてマッサージをする、電気を流す、などです。
 医師からサポーターを巻いてもらいました。
Tenniselbow04

 何時間か巻いて、外したらこんなになっていました。
Tenniselbow05
 この写真はサポーターを外した直後ではなく、半日ほども経ったあとです。

 サポーターの説明書にこうありました。
Tenniselbow06

 肌、弱いんですよね。敏感肌です。(^_^;

 昨日は、理学療法士からマッサージと電気療法もしてもらいました。
 そして、治療はできれば毎日、少なくとも週に3日は来てくださいと言われました。
 う~ん。どうしましょ。
 早く治るに越したことはありませんが、痛いのはタオルを絞ったりするときだけなのに、週に3日もクリニックに行かなくちゃいけないのか。
 ちょっと考えます。

« 赤穂浪士討ち入りの端布 | トップページ | 正露丸のストラップ »

健康・病気」カテゴリの記事

コメント

それは大変ですねえ。
週に最低3回というのはちょいときつい。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 テニスはもう30年くらいやっていませんのに。
 ま、テニスとは関係のない経年劣化と思います。
 体のあちこちが経年劣化で。(^_^;

 クリニックは電車で行く所なので、週3回はねぇ。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤穂浪士討ち入りの端布 | トップページ | 正露丸のストラップ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ