« お盆のご住職単独法要 | トップページ | 昭和35年の大和文華館名品図録&万葉集桂本断簡 »

2022年7月15日 (金)

正統派家族合わせ

 先月、「お店やさん家族合わせ」という記事を書きました。
 『少女倶楽部』の付録で、こういうのです。
Misekazoku02
 これ、家族合わせといっても、主人の他はそれぞれのお店で扱っている商品を1グループにしているものですので、家族合わせの応用版ということになります。

 このほど、正統派の家族合わせを入手しました。
 こんな感じです。
Kazokuawase01
Kazokuawase02
 1家族は、主人、妻、息子、娘、下女の5人から成り立っています。
 そして、主人の名前は、総理大臣が「くにのいしづい」、巡査が「たみをまもる」など、語呂合わせになっています。
 総理大臣の名前は「くにのいしづい」で、末尾に「い」と「え」の混乱が見られます。

 全部で10家族あります。
 残りの8家族の主人は次の通りです。
Kazokuawase03
Kazokuawase04
 医士は「藪井竹庵」ですねぇ。藪医者。「医師」ではなくて「医士」となっているのは興味深いです。
 大学教授は鼻が高いのでしょうか。謙虚でなくてはいけません。

 最後の海軍大将が「東郷武雄」なのは、東郷平八郎と広瀬武夫の合成でしょうか。
 ただ、「武夫」の文字は異なるので、広瀬武夫とは関係なく、単にたけだけしく雄雄しいの意で「武雄」としたのかもしれません。

 その前の陸軍大将は「黒木桃太郎」です。「黒木」は、日露戦争の第1軍司令官黒木為楨から取ったものでしょう。
 「桃太郎」はおとぎ話の桃太郎でしょうか。

 このような箱に入っていました。
Kazokuawase05
 「新案遊戯 日本地理合せ」とあります。
 サイズはぴったりですが、標題と中身とが異なりますので、別の空き箱を利用したものと思います。
 「日本地理合せ」がどのようなものだったのか、気になります。

« お盆のご住職単独法要 | トップページ | 昭和35年の大和文華館名品図録&万葉集桂本断簡 »

ゲーム」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

レトロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お盆のご住職単独法要 | トップページ | 昭和35年の大和文華館名品図録&万葉集桂本断簡 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ