« ねこの端布 | トップページ | 頑健なアジサイ »

2022年6月21日 (火)

「しまち(市町)」という読み

 今日、NHKの「首都圏ネットワーク」を仕事をしながら見ていたら、「しまち」という言葉が聞こえてきました。
 初めて聞く言葉でしたので、「へ?」と思って画面を見たら、「市町」でした。
Shimachi02
 なるほどです。
 通常通り「しちょう」と発音すると、「市長」「市庁」「支庁」などと紛れる可能性があるので、日常的にそう呼んでいるのでしょう。
 「ばけがく(化学)」や「いちりつ(市立)」と同類ですね。
 神奈川県庁だけの読み方なのか、もっと広くお役所では一般的な読み方なのか、興味があります。

 紛らわしい同音異義語、多いですね。

« ねこの端布 | トップページ | 頑健なアジサイ »

テレビ」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

私は,しまち・・・当然だと思っていましたよ。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 萩さんは「しまち」を普通にお使いになりますか。
 私は、そもそも「市町」を声に出して(心の中でも)読んだことがありませんでした。

 「市町村(しちょうそん)」はありますし、「町村(ちょうそん)」も、「町村合併(ちょうそんがっぺい)」などの形でなじんでいましたが、「市町」はどうも。

しまち,違和感はありますね。
でも,公務員だったので,会合で良く聞きました。
東三河には,豊根村がありますが
愛知県には,あと飛島村ぐらい・・・・。
その村が含まれていない地域の会合では
市町村ではなく,しまちを使っているという印象でした。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 萩さんもやはり「しまち」に違和感を抱いていらっしゃるのでしたか。
 会合でよく耳にされたということは、神奈川県だけでなく、愛知県でも使われていたのですね。

 愛知県と違って、群馬県にはまだ村がいくつかありますので、それで「市町村」を使うことが多いのかもしれませんね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこの端布 | トップページ | 頑健なアジサイ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ