« 「吉良上野介供養の鰐口(違!)」にコメントを頂きました | トップページ | コケが付き始めたタコツボ »

2022年4月13日 (水)

ある日の3人組うさぎ

 動物のぬいぐるみや置物も、毎日一緒に暮らしていると、言葉が聞こえてきたりします。
 去年うちに来た、帽子をかぶった3人組うさぎの関係がよく分からなかったのですが、学校の同級生ということが見えてきました。
 雀の学校や、めだかの学校があるのですから、うさぎの学校があっても不思議はありません。

 ある日曜日、仲良し3人組がハイキングに出かけました。
 暑く、日差しの厳しい日でした。

 うさ太「暑いなぁ。でも、きのこを帽子にしたので、快適さ」
Usabou01

 うさ美「あ。いいなぁ。私はお花を帽子にしたよ」
Usabou02

 うさ吉「ぼくはスイカの帽子だよ」
Usabou03

 うさ太「わ! 重そう。そんなのかぶって、首痛くない」
 うさ美「中身ごとじゃない。顔がスイカの汁でベトベトになりそう」
 うさ太「てか、そのスイカ、どうしたの? まさか」
 うさ吉「違う違う。スイカ泥棒なんかしてないよ。そこの道に落ちてたんだよ」
 うさ美「落ちていたんなら、落とし物だから、交番に届けなきゃ」
 うさ太「このあたりでスイカを作っているのは校長先生の畑だけだから、校長先生の落とし物じゃないかなぁ。校長先生に聞いてみたら。僕も一緒に行ってあげるよ」
 うさ美「私も行くわ」
 うさ吉「みんなありがとう。一緒に行ってくれたら心強いよ」

Usabou04
 全員「校長先生。こんにちは」

 校長「おや。仲良し3人組、みんな揃ってどうしたい?」
Usabou05

 うさ吉「実はこれこれで」
 校長「ああ。そういうことか。それは確かにうちの畑のスイカだね。今朝いくつか収穫したんだけど、うちに運ぶ道の途中で、重かったんで、ちょっと休憩したんだよ。そのあと、うちに帰るときに1つだけ忘れてしまって、あとで取りに行こうと思っていたんだ」
 うさ吉「あ、そうでしたか。御免なさい。帽子にしてしまいました」
 校長「ああ、いいさ。置き忘れた私も悪かったんだし。それより、よく正直に来てくれたね」
 うさ吉「はい。2人がそう言ってくれて、しかも一緒に来てくれたんです。嬉しかった」
 校長「いい友達だね。そして、正直は大事」
 うさ太「はい。学校で朝礼の度に『 一、うそを言ふことはなりませぬ。一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ』って暗唱していますもの」
 校長「おお。エラいエラい」

 うさ美「ところで、どーもくんはお留守ですか?」
 校長「どーもは自分の部屋にこもってラジオを聴いてるよ。大月ひなたのラジオ英語講座さ」

 すみません。長くなりました。メルヘン第3弾でした。

« 「吉良上野介供養の鰐口(違!)」にコメントを頂きました | トップページ | コケが付き始めたタコツボ »

日常」カテゴリの記事

うさぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「吉良上野介供養の鰐口(違!)」にコメントを頂きました | トップページ | コケが付き始めたタコツボ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ