« 3連続「ブラタモリ」アナ | トップページ | ナゾの旧国かるた? »

2022年4月19日 (火)

忠臣蔵の端布

 このような端布を入手しました。
Chu_hagire01
 大きさは概略で36cm×106cmです。
 端布も収集品になってしまったわけではありません。たまたまです。
 タイトルには「忠臣蔵の」と書きましたが、これは仮名手本忠臣蔵のことではなく、赤穂事件にまつわる物語の意です。

 松の廊下の刃傷。
Chu_hagire02
 こらへこらへた 十四日 所もあらふに 松の廊下の 入口で 犬侍じやの 人非人
とあります。ちょっと尻切れトンボです。

 神崎与五郎の詫び証文。
Chu_hagire03
 武士の 大和心を 其儘に 姿に見する 富士ヶ峯 積りし雪は 千早振 神代より 解けしためしの 有***
とあります。
 恥ずかしながら、末尾の***が読めません。(^_^; 内容的には、「あるはなし」「あるものか」などかと思うのですが、どちらも違うようだし。

 大高源吾の煤竹売り。
Chu_hagire04
 「年の瀬や 水の流も 人の身も」と記して御座ります
とあります。

 大高源吾と出会った宝井其角。
Chu_hagire05
 有がとふ御座ると筆をかりスラスラスラト書て其角殿「あしたまたるゝ宝船」
とあります。

 兄の元に今生の別れに赴く赤埴源蔵。
Chu_hagire06
 糸のほつれや かさの台 頭に戴く 君が恩 忘れぬ程の 武夫とは 義理の足元 降うづむ
とあります。これもやや尻切れトンボのような。

 討入りに臨む大石内蔵助。
Chu_hagire07
 赤き心や 紅葉ばの 日暮を急ぐ 唐錦 よしや嵐に 乱れても
とあります。これこそ尻切れトンボと思いますが、どうなのでしょうか。

 という端布です。

« 3連続「ブラタモリ」アナ | トップページ | ナゾの旧国かるた? »

忠臣蔵」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3連続「ブラタモリ」アナ | トップページ | ナゾの旧国かるた? »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ