« 「歴史を旅する物語」(新潟・群馬・埼玉) | トップページ | 天寿国曼荼羅繍帳の絵はがき »

2022年4月25日 (月)

「名所江戸百景」のうち「猿わか町よるの景」

 このような浮世絵を入手しました。
Edo100saruwaka01
 歌川広重の「名所江戸百景」のうち「猿わか町よるの景」です。
 初めて浮世絵を買いました。(^_^)
 初刷りなどといった古い刷りではなく、明治以降の新しい刷りと思います。
 ネットオークションの収集品が、端布に続き浮世絵にまで広がりそうな。(^_^;
 いえ、素敵な風景だなと思いまして。

 広い通りを大きな満月が照らしています。
 特にお祭りなどの行事が行われているというわけではなく、普通の日のように見えます。
 満月で明るいので、多くの人々が街に繰り出しているという感じでしょうか。
 月は実際にはこんなに大きくはないのでしょうが、感覚的には大きく見えることがありますね。

 道路の右下付近のアップ。
Edo100saruwaka02
 白い犬がいます。子犬も3匹います。
 子犬の右側のおねえさん、子犬を見る目が冷たいような。(^_^;
 子犬、かわいいのに。
 左側にはあんまさんのような人が歩いています。
 影が丁寧に描かれていて、月の明るさがよく分かります。

 子犬のアップ。
Edo100saruwaka03
 あんまりアップになっていません。かわいいです。

 2階から3人の人が見下ろしています。
Edo100saruwaka04
 子犬を見ているのでしょうか。
 どんな部屋なのかよく分かりません。
 窓の縦のサンが部屋の境目というわけではないのだと思いますが、どうなのでしょう。

« 「歴史を旅する物語」(新潟・群馬・埼玉) | トップページ | 天寿国曼荼羅繍帳の絵はがき »

文化・芸術」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「歴史を旅する物語」(新潟・群馬・埼玉) | トップページ | 天寿国曼荼羅繍帳の絵はがき »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ