« 体重推移&ATOKマンスリーレポート2022年2月 | トップページ | 八木書店のカレンダー3・4月は頼朝の下文 »

2022年3月 2日 (水)

奈良名物の端布

 このようなものを入手しました。またまたネットオークションです。
Narahagire01
 正絹の縮緬の端布です。長さはおおよそ126cm。
 絵柄は奈良の名産で、2種類です。

 1つめ。
Narahagire02
 奈良漬けと、鹿のおもちゃでしょうか。

 2つめ。
Narahagire03
 奈良名産あられ酒、お花墨、筆、棒の付いた鹿のおもちゃ。
 右側のは灯籠のおもちゃというか、実際に使える灯籠でしょうか。

 この2つの柄は反対向きで、どちらにも桜とモミジが描かれています。
 何に使うことを想定した布でしょうね。巾着なんかに使えそうではありますけど。

 またいつ頃のものなのか不明です。
 端布を買うのは初めてです。
 端布は私の収集品ではないのですが、絵柄が奈良名物ということで手を出してしまいました。
 奈良好きです。

« 体重推移&ATOKマンスリーレポート2022年2月 | トップページ | 八木書店のカレンダー3・4月は頼朝の下文 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

この墨は昔から「お花墨」と呼ぶ人が大勢ゐますが、奈良の古梅園の製品で、「紅花墨(こうかぼく)」といふのが正しい名稱です。一字目を「お」と讀むのは無理ですね。
http://kobaien.jp/koukaboku.html

筒井先生

 いつもご教示をありがとうございます。
 今、古梅園のHPも見てきました。

 小学生の頃から「お花墨」とばかり思い込んでいました。
 もう、60年。(^_^;

 今にして正しい読み方を知りました。
 ありがとうございました。

これはまた面白いものを手に入れましたね。
明治の頃、奈良の名物は鹿と茶粥と言われていたそうで、今も…「奈良にうまいものなし」なんて言われていますが、柄は奈良の名物ですが、端布の作られたのはやっぱりなら何でしょうかね?

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 奈良名物がたくさん描かれていたので、つい飛びついてしまいました。
 ぱっと見、鹿が本物に見えてしまったことも大きかったです。

 奈良好き、奈良鹿好きです。(^_^)

 これ、何に使うことを前提に作られたものの端布なんでしょうかね。
 そして、作られたのは奈良なのかどうか。いつのものか。あれこれ謎です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重推移&ATOKマンスリーレポート2022年2月 | トップページ | 八木書店のカレンダー3・4月は頼朝の下文 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ