« お寺のねこ2匹 | トップページ | 『ならら』4月号は「なら歴史芸術文化村」特集 »

2022年3月28日 (月)

かたかご、全て発芽

 1週間前の3月21日に「うちのかたかご」という記事を載せました。
 あの時点では、地上に姿を現したかたかごはまだ2つ。
 そのうちの2番目に姿を現したかたかごはこのような姿でした。
Katakago20220321b
 2つの葉の間に、つぼみのようなものが見えます。

 あれから6日。昨日の姿です。
Katakago20220327a
 6日で茎がこんなに伸びました。
 花、どうでしょうね。おしべは十分に育っているような気がしますが、花びらが薄く小さいです。
 これから花びらが育つのでしょうか? そうでなければ、この花はどうも不形成だったようです。

 このかたかごの向こうに新しく地上に姿を現したのが2つ見つかりました。これで4つです。あと1つ。
Katakago20220327b

 そして今日。
 昨日見つけた新しいかたかごのうち向かって右側のです。
Katakago20220328a
 葉と葉の間に花のきざしのようなものが見えます。

 そして、もう1つ、見つけました。
Katakago20220328b
 これで5つの球根が全て姿を表したことになります。
 めでたいです。♪

 この最後の芽(実際は葉ですが)、ツノのようです。
 これを見たときに、神世七代のツノグヒ・イクグヒを連想しました。
 芽が出るという意味の「つのぐむ」という語もありますね。
 なんかそんなイメージです。

« お寺のねこ2匹 | トップページ | 『ならら』4月号は「なら歴史芸術文化村」特集 »

文字・言語」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お寺のねこ2匹 | トップページ | 『ならら』4月号は「なら歴史芸術文化村」特集 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ