« 金魚の土管が割れた | トップページ | 白トリュフ風味牛すき焼弁当 »

2022年1月29日 (土)

昭和36年のNHK「忠臣蔵」(第4回)

 これまで2回ご紹介してきた昭和36年のNHK「忠臣蔵」の第4回の台本を無事に入手することができました。
S36chu09
 巻の名は「雪の巻」。これはそれ以外には考えられませんね。
 元禄15年夏以降の、清水一学の話、毛利小平太の話、討ち入りを前にした堀部親子の話、そして討ち入りです。
 吉良の首を取ったところまでで、引き揚げはありません。
 吉良上野介役は薄田研二です。薄田研二は、様々な映画で吉良役または堀部弥兵衛役で出演しています。

 表紙の左下に、「演出 和田勉」とあります。これまでの2回には演出家の名前は一切載っていませんでした。
 和田勉が演出したのは全回なのか、この回だけなのかは不明です。

 和田勉についてググってみました。
 和田勉は昭和5年(1930)6月3日生まれ。
 昭和28年(1953)にNHK入局。
 昭和34年(1959)には「日本の日蝕」で第14回芸術祭奨励賞受賞。29歳。
 昭和36年(1961)12月の「忠臣蔵」当時は31歳です。
 新進気鋭の期待の演出家でしょうか。
 和田勉の作品のうち、私が熱心に見ていた「文五捕物絵図」は昭和42年、大河ドラマ「竜馬がゆく」は昭和43年、「朱鷺の墓」は昭和45年となります。

 この雪の巻が最終回でしょうね。
 その後の、4大名家にお預けになった浪士達の暮らしから、切腹までを描いた回があったかどうか?
 多分ないと思いますが、当時の新聞の縮刷版のテレビ欄を見れば明らかになります。
 いずれそういうページもネットで見ることができるようになると嬉しいです。

« 金魚の土管が割れた | トップページ | 白トリュフ風味牛すき焼弁当 »

テレビ」カテゴリの記事

忠臣蔵」カテゴリの記事

台本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚の土管が割れた | トップページ | 白トリュフ風味牛すき焼弁当 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ