« うさ耳モニラリアの種まきセット | トップページ | 水槽のライトを買い替え »

2021年12月 7日 (火)

天理駅の位置、今昔

 先日、「駅名簿」について書きました。
 あれをご覧くださった蜂矢先生からメールを頂きました。
 「駅名簿」掲載の丹波市駅にまつわるお話で、丹波市駅はその後天理市駅と改称し、さらに、近鉄線の天理駅との合同駅舎を作って、天理駅と改称したとのことでした。
 近鉄線の天理駅と、国鉄の天理市駅とはやや離れていたので、合同駅舎を作るに当たっては、天理市駅の線路を西に移動させたとのことです。
 また、かつての桜井線は、現在の天理駅の東の広場の東端を通っていたとのことでした。

 始めて知りました。興味深いお話です。
 合同駅舎ができたのは1965年(昭和40年)とのことですので、そう昔のことではありません。
 天理市民の皆さんの中で、中年以上の方々はよくご存知のことかと思います。

 地図を載せます。
Tenrieki01
 確かに、天理駅のやや北から南に掛けて、線路が西にカーブしていることが伺えます。

 少し拡大して、赤い点線を引いてみました。
Tenrieki02
 赤い点線は、まさに天理駅の東側の広場の東端を通っています。
 かつての路線が実際にこの通りであったとは限りませんが、これに近いルートだったことでしょう。
 国土地理院のHPには、昭和40年以前の天理市の地図も載っているはずですので、それを見れば、実際のルートが分かると思いますが、そこまではしないところが、私の半端なところで。(^_^)
 いや、現代の地図で十分です。
 おもしろいです。地図大好き。

« うさ耳モニラリアの種まきセット | トップページ | 水槽のライトを買い替え »

鉄道」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

蜂矢先生でしたら昔の天理の町にお詳しいでしょうからねえ…
私も幼いころのかすかな思い出があって…そう、今の巨大な駅になる前の、天理の駅が…
https://www.library.pref.nara.jp/supporter/naraweb/photo/page_thumb731.html
上は、なら図書情報館にある資料です。私の記憶はこの駅です。今よりもやや南側にあって…

学生の頃、今の天理本通りの一つ南の筋がかつての本通りであったのだと…そして、その突き当りに昔の天理の駅があったのだと聞きました。
そういえば、探していたらこんなことを調べている人が…
https://ameblo.jp/fugo0330/entry-10447700367.html

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 蜂矢先生は天理の町に住んでいらしたことがおありですから、お詳しいですね。
 三友亭主人さんも、お小さい頃に天理にいらしたことがおありだったのですね。

 2つのURL、ありがとうございました。
 1つ目の駅、いいですね。昔の天理の駅は全く知りませんが、昔の駅って、こんな感じですよね。懐かしい思いがします。昔の駅といいますか、群馬にはまだこんな感じの駅があります。

 2つ目のリンク先、「ブラタモリ」を連想します。痕跡が残っているのですね。
 昔の駅の位置は、今の天理市民会館の場所ということですね。上の地図にも天理市民会館、載っていて、赤い点線沿いですね。よく納得できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うさ耳モニラリアの種まきセット | トップページ | 水槽のライトを買い替え »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ