« クリスマスパフェ | トップページ | 奈良旅手帖2022 »

2021年12月16日 (木)

「萬葉百首 絵かるた」(3)

 「萬葉百首 絵かるた」の絵札の整理はまだ途中ですので、中間発表です。
 絵札は、1回目に2枚だけアップしましたが、改めて別の5枚を載せます。
Manyo100card05
 鹿を描いた札が2枚あります。鹿、好きなもので。(^_^)

 さて、これらの絵札を見ると、札の右下や左下に1文字の符号のようなものが書いてあります。
 アップにします。
Manyo100card06

 絵を担当したのは、箱の表紙の記載に依れば、
  安田靫彦
  前田青邨
  野田九浦
  小林古径
  平福百穂
の5人の画伯です。

 これと絵札の文字を突き合わせてみると、「九」は野田九浦、「古」は小林古径でしょう。
 「せ」は前田青邨と考えられます。「ゆ」は安田靫彦でしょうか。
 そうすると、消去法で、「ふ」の上に半円が付いたようなのは平福百穂となりそうです。「ふ」のようなのは、「ひらふく」の「ふ」でしょうかね。

 それぞれの枚数は、今のところ、「古」が20枚、「九」と「せ」が各19枚、「ゆ」が17枚、不明が5枚です。
 不明というのは、文字がないのと、文字が読めないのとです。
 たぶん、5人の画伯それぞれに均等に20枚ずつなのだと思います。不明5枚の解明が期待されます。←人ごとのように。(^_^)

 絵札の検討は続きます。

« クリスマスパフェ | トップページ | 奈良旅手帖2022 »

文化・芸術」カテゴリの記事

かるた」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスパフェ | トップページ | 奈良旅手帖2022 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ