« 猫の腎臓病治療薬の開発に2億円の寄付が殺到 | トップページ | 『江戸名所図会』を買った »

2021年11月10日 (水)

東海銀行の通帳

 またまた発掘品の紹介です。
 今は亡き東海銀行の古い預金通帳が出てきました。
Tokaigin01
 この通帳は、もともとは、小学校の修学旅行の積立金のために学校が作ってくれたものです。
 確かに、担任の先生が集金するより、保護者がそれぞれに銀行に預け入れる方が合理的な気がします。
 通帳に金額が印字されますしね。
 
 この2ページ目。
Tokaigin02
 1966年の8月9日に3500円を預金して、残高が15903円になった時点で、暫く放置していました。
 その放置期間に、半年ごとに、利息が125円、157円……などと付いています。
 今と2桁ほど違いましょうか。もっと? 
 今の利率はあまりにも微々たるもので、具体的な利率はよく知りません。

 東海銀行には定期預金もしていて、その解約時の計算書も出てきました。
Tokaigin03
 こちらは、10万円の預金に対して、5000円以上の利息が付いています。今から見れば夢のようですね。
 お若い方がこんなのをご覧になったら、目を剥きそう。
 これは昭和48年時点のものですけど、利率はこの先まだ上がりましたね。

 東海銀行は、その後、あれこれの経緯があって、今は三菱UFJですね。

« 猫の腎臓病治療薬の開発に2億円の寄付が殺到 | トップページ | 『江戸名所図会』を買った »

日常」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

昔話」カテゴリの記事

レトロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の腎臓病治療薬の開発に2億円の寄付が殺到 | トップページ | 『江戸名所図会』を買った »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ