« 四味穴子重 | トップページ | まりも、始めました »

2021年11月15日 (月)

古葉略類聚抄の複製&スーパーのバカ女

 愛用しているネットオークションに古葉略類聚抄の複製が出ていました。
Koyoryaku01
 恥ずかしながら、古葉略類聚抄の複製があること自体を知りませんでした。
 万葉学者じゃないので、仕方ないかも。(^_^;

 大正12年の発行です。この年の9月には関東大震災が起きていますので、震災で焼けてしまったものもあったことでしょう。
Koyoryaku02
 1000円スタートでしたので、躊躇なく入札しました。
 これが、終了日の昨日の夜、価格がどんどん上がってゆきました。
 さて、どこまで追随するか。

 古葉略類聚抄は鎌倉時代のもので貴重な写本とは思います。
 古書相場を知りたいと思い、「日本の古本屋」にアクセスしましたが、この本は載っていませんでした。稀覯書なのかもしれません。

 しかし、校本万葉集の校異では「以下、主文ヲ訓交ジリニ書ケリ」でしたっけ、そういう意味の記述が目立ったことが思い浮かびます。
 また、排列が元の万葉集通りではないので、歌番号索引がないと大変に使いづらいです。
 そんなこともあって、この写本の価値と、私がこの複製にいくらまで出す意味があるか、という事は別問題です。
 
 ということで、総合的に判断して、割と早目に撤退してしまいました。
 その後もどんどん上がります。最終的には2人の競りになりました。
 どちらもなかなか引かなかったのですが、遂に決着しました。
Koyoryaku03
 18万円を超えました。入札履歴141件です。
 この2人、どういう人でしょうね。
 この本の古書価は18万どころではなくて、もっと高価なのを知っていて競っていたのか。
 あるいは万葉集の研究者で、どうしても入手したかったのか。
 または、万葉文化館や、万葉歴史館のような公的機関なのか。
 でも、ネットオークションでの落札だと、公的機関は会計処理が厄介かも。また、この両館、既にお持ちかもしれません。

 タイトル後半の「バカ女」ですが、いえ、大したことではありません。
 いつものスーパーのレジに並んでいたら、前に並んでいた中年前くらいの女が支払いの時に、延々と財布の中をあさっています。
 財布の中には大量の紙が。どうやら、この日に有効なポイントラッキー券を探しているようです。
 ちょうどスーパーのレジが混み合っている時間で、普段はレジは1人なのに2人制になっていましたし、それでも結構レジ待ちのお客さんの列ができていました。
 どうしてそういう状況に配慮しないのか。腹立たしいことです。
 つい、腹立ち紛れに「いいかげんにしろよ!」と怒鳴りつけてしまいました。知らない人に。(^_^;
 腹立ち紛れだったので、結構な大声が出ました。
 普段は温厚なのですが、本質は短気です。(^_^;

 いえ、私なんぞ、買い物に行く時点で、カードとその日のポイントラッキー券を持って出ます。
 レジでサイフをゴソゴソなんて、あり得ません。
 混んでいる時にそういう配慮を全くしない振る舞い(というか、頭の中身)に腹が立ちました。
 大人げないことでした。

 全く関連のない話を2つ詰め込んでしまいました。

« 四味穴子重 | トップページ | まりも、始めました »

日常」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四味穴子重 | トップページ | まりも、始めました »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ