« 浜木綿の子を屋内に | トップページ | オークションに『万葉集古義』 »

2021年11月24日 (水)

「七人の侍」のシナリオ本

 映画「七人の侍」のシナリオ本を入手しました。
 撮影に使われた実物ではなく、販売された本です。
S297nin01
 大きさは、新書本よりもひとまわり大きいくらいです。

 奥付。
S297nin06
 昭和29年の4月20日発行です。
 「七人の侍」の封切りは同年の4月26日ということですので、封切り以前に発行されたことになります。
 封切りとほぼ同時ということになりましょうか。
 映画館で販売されたのでしょうかね。
 「七人の侍」の台本は、黒澤明の全集を持ってはいるのですが、同時代資料として欲しくなりました。

 「七人の侍」は大好きな作品ですので、印象に残る場面やセリフなどもいくつかあります。

 毎年野武士に村を襲われている百姓たちが、どうしたら良いか、村の長老のところに行った場面。
S297nin02
 長老の儀作は、ひとこと「やるべす!」と言います。
 侍を雇って、野武士たちと戦うというのです。

 これ、映画では「やるべし」だったと思います。
 赤塚不二夫がこのセリフを気に入って、「ベシ」というキャラクターを作ったということです。
 誤植かもしれませんが、台本のセリフが、撮影時には変更されることも多いでしょうから、ここもそのケースかもしれません。

 百姓の出だった男(三船敏郎)が、自分は武士だと言い張るために、盗んできた系図を見せる場面。
S297nin03
 このことで、その男は「菊千代」と呼ばれることになります。
 天正2年(1574)生まれで13歳ということですから、「七人の侍」の時代設定は天正14年(1586年)のことということになります。貴重な場面です。
 小牧長久手の戦いから2年後、刀狩令の2年前に当たります。
 秀吉はもう関白になっていますが、地方ではまだ戦乱が収まっていなかったり、野武士が暴れていたこともあったかもしれません。

 侍の1人である七郎次(加東大介)が、百姓たちに戦場での心得を述べる部分。
S297nin04
 私の記憶では、「いくさは、進む時も走る。退く時も走る。走れなくなった時は死ぬ時だ。」でしたが、これは私の記憶違いかもしれません。要点だけを別の言葉に置き換えて憶えてしまった可能性があります。

 授業で教室に行った時に、何か忘れ物に気づいて、学生さんたちには、「そのままご歓談ください」と言って、待ってもらって、全力疾走で取りに行ったことが何度かあります。その時に、このセリフが自然に口から出てきました。(^_^;

 ラストシーン。
S297nin05
 7人の侍のうち4人が討ち死にしてしまいました。
 ソロのトランペットの音が悲壮でした。

« 浜木綿の子を屋内に | トップページ | オークションに『万葉集古義』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

台本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜木綿の子を屋内に | トップページ | オークションに『万葉集古義』 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ