« 今日は群馬県民の日&県民手帳2022 | トップページ | 帽子をかぶったうさぎ »

2021年10月29日 (金)

武者見立鏡

 このようなものを入手しました。
Mushamitate01
 武将の番付です。江戸時代のものと思います。
 東方の上段。
Mushamitate02

 西方の上段。
Mushamitate03

 ざっと見たところでは、東西は実際の地域とは関係ありません。東の大関、西の大関、東の関脇、西の関脇……という席次と思います。
 東の大関は織田信長です。西の大関は武田信玄、東の関脇は上杉謙信、西の関脇は毛利元就、東の小結は北条氏康、西の小結は島津義弘ですね。
 順当なところと思います。←ナゾの上から目線。(^_^;
 信玄と謙信が同じランクの東西に並べば形が整うと思いますが、東の大関に信長が座っているので、こういうことになってしまったのでしょう。

 三英傑で載っているのは信長だけです。秀吉と家康はナシ。
 家康は分かります。この番付が江戸期のものとすれば、東照大権現をランク付けなどしたら、どんなお咎めがあるか。
 家康のみならず、秀忠も信康も載っていません。
 秀吉も江戸時代には微妙な存在だったのでしょうかね。

 家康や秀吉の家来は問題なかったようで、それは載っています。
 家康を苦しめた武将も問題なかったようで、真田昌幸が東の前頭2枚目に載っています。
 山本勘助が西の前頭筆頭というのは上過ぎるように思います。

 1枚目の画像、東に1人だけ枠外に張りだされている人物がいます。明智光秀です。
 謀反を起こしたからでしょうかね。

 中央部の行司。
Mushamitate04
 中央に大きな文字で真田幸村。その下には木村重成がいます。
 人気があったのでしょうね。
 これまた、大坂の陣の豊臣方ですけど、問題なかったようです。

 その下の世話人。
Mushamitate05
 北条早雲、真田幸隆、島津義久が並びます。

 あれこれ眺めていると飽きません。(^_^)

« 今日は群馬県民の日&県民手帳2022 | トップページ | 帽子をかぶったうさぎ »

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は群馬県民の日&県民手帳2022 | トップページ | 帽子をかぶったうさぎ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ