« ぞうきんがけ動物 | トップページ | 今日は黒猫感謝の日 »

2021年8月16日 (月)

水月湖の年縞

 先ほど、NHKで「世界四大化計画」という番組を見ました。
 内村光良が司会のバラエティです。

 内容は、「世界三大○○」にもう1つ加えて「世界四大○○」にしたいので、その最後の1つの候補をプレゼンするというものです。

 3項目あったうちの1つがバイカル湖などの「世界三大神秘湖」で、4つ目の候補が福井県の水月湖でした。

 この水月湖のことは、去年の1月に、北陸新幹線の車内誌『西Navi北陸』の1月号で知り、ブログに載せました。
Nishinavi202001a
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-c8d78a.html
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-a8f73d.html

 この湖の湖底には、「年縞(ねんこう)」と呼ばれる縞模様の地層があるそうです。
 季節によって堆積するものが異なるので、1年ごとに1組0.7mmの縞模様ができるということです。ちょうど木の年輪のような感じです。
Nishinavi202001d

 それが7万年分、途切れることなく堆積しているそうです。
 年縞に含まれる木の葉や花粉から、それぞれの時代の植生も分かるし、火山噴火なども分かるそうです。
Nishinavi202001g

 この年縞が発見されたのは平成3年だそうですが、今では年代測定の「世界標準のものさし」になっているということで、大変に嬉しいことです。

 雑誌で始めて知った年縞でしたが、テレビで取り上げられ、さらに理解が深まりました。 広く知られるようになれば幸いです。

« ぞうきんがけ動物 | トップページ | 今日は黒猫感謝の日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぞうきんがけ動物 | トップページ | 今日は黒猫感謝の日 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ