« 副反応は軽く&今後も抜かりなく | トップページ | 『庁中漫録』を著した玉井定時 »

2021年7月30日 (金)

『ならら』最新号は盆踊り特集

 毎月定期購読している『ならら』最新号が届きました。
Narara202108
 特集は、「災厄を祓う「風流」」です。

 分かりにくいタイトルですが、「お盆発祥の地・奈良」に、今なお受け継がれる「風流(ふりゅう)踊」という意味で、「風流踊」は2022年にユネスコの無形文化遺産への登録を目指しているそうで、そういう点でタイムリーな話題です。
 また、災厄を祓うという意味では、新型コロナ禍の少しでも早い収束を願います。
 この特集は18ページにわたります。

 「お盆発祥の地・奈良」という表現に、最初は「はて?」と思いましたが、お盆が仏教行事であることを考えれば、大和国が発祥の地というのは、確かにそうだと思います。
 史料的には、推古天皇14年4月8日条に、「是年より初めて寺毎に、四月の八日・七月の十五日に設斎(をがみ)す。」とある、4月8日が灌仏会、7月15日が盂蘭盆会の初めとされるようです。

« 副反応は軽く&今後も抜かりなく | トップページ | 『庁中漫録』を著した玉井定時 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

民俗・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 副反応は軽く&今後も抜かりなく | トップページ | 『庁中漫録』を著した玉井定時 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ