« 真福寺本古事記の複製を買った | トップページ | 人出が多い中、群馬往復 »

2021年7月22日 (木)

明治27年の義士着せ替え

 また忠臣蔵ネタです。
 このようなものを入手しました。
 赤穂義士の着せ替え。
M27gishikisekae01

 明治27年に発行されたものです。
M27gishikisekae03

 タイトルは「新版忠臣蔵義士着換」となっています。
M27gishikisekae02
 「新版」というからには、これ以前に発行されたものの改訂版なのでしょうかね。

 土台のアップ。
M27gishikisekae04

 さらにその、手の部分のアップ。
M27gishikisekae05
 「やりをもたせる」「ゆびをまいてはる」とあります。
 指の先に白い部分がありますので、それを輪にして貼って、そこに槍などを通すのでしょう。

 全体的にざっくりと作っているように思えますので、果してきちんとできるのかどうかという疑惑が……。(^_^)

 着せ替えと言えば、もう20年以上も前、夏休みなどに姪たちと遊んだときに、「おじちゃん、セーラームーンの着せ換えやろう」とせがまれたことがありました。かくれんぼでも鬼ごっこでも喜んでしましたが、セーラームーンの着せ替えというのは、ちょっとどうも。
 「それだけは勘弁して」というと、それをまた面白がって、せがまれました。
 そんなことが思い出されます。

 さて、明治27年(1894)というと127年前ですね。
 明治・大正・昭和・平成と生き抜いてきた着せ替えを、令和の私が切り抜いてしまって良いものか、という気がしますので、作るとしたら、カラーコピーを取って、それを切り抜くことになりましょう。
 実行するかどうか分かりませんが、もし実行した場合にはまたご報告します。

« 真福寺本古事記の複製を買った | トップページ | 人出が多い中、群馬往復 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真福寺本古事記の複製を買った | トップページ | 人出が多い中、群馬往復 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ