« 奈良奉行所の位置は今の奈良女子大学(2) | トップページ | 涼しくなった。(^_^) »

2021年7月 9日 (金)

『大美和』141号の表紙は久延彦神社参道

 昨日、『大美和』の最新号が届きました。
Omiwa141
 表紙は、大神神社の末社である久延彦神社の参道です。
 夜桜がきれいですね。
 三輪山フォトコンテスト優秀賞の作品だそうです。

 久延毘古が登場するのは古事記だけでしょうか。
 かかしの神格化ですよね。

 語源は「崩(く)え彦」ともされます。
 それが正しければ、でき立てではなくて、風雨にさらされて崩れたかかしですね。
 「足は行かねども、ことごと天の下の事を知らす神ぞ」とありますので、生まれ立てではなく、経験を積んでいないとまずいのでしょう。
 1200年以上も前からかかしがあったというのも興味深いですが、考えてみれば、鳥を追い払うために人の姿を模したものを立てるという発想は、そう難しいものではないと思います。
 当時のかかしがどんな姿をしていたのか気になります。

« 奈良奉行所の位置は今の奈良女子大学(2) | トップページ | 涼しくなった。(^_^) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

古事記」カテゴリの記事

コメント

ちょいと石段の上からのアングルですね。
まだ暗くはなり切ってはいないけれど、もう少しで夜って感じですね。
あんまり夜には行ったことがないので、ここの明かりがともっているのは見たことないんですが、珍しいです。


三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 三友亭主人さんゆかりの久延彦神社が表紙になりました。♪

 私はこの神社には行ったことがないかもしれません。
 鳥居の前後左右に明かりが灯っていますね。
 参道にも左右にずっと灯明があるのでしょうか。

 桜はライトアップしているようにも見えますが。

 とてもきれいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良奉行所の位置は今の奈良女子大学(2) | トップページ | 涼しくなった。(^_^) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ウェブページ