« 奈良むさし野旅館の絵はがき | トップページ | 30年ものの種は、なかなか厳しい »

2021年6月15日 (火)

昭和12年『少女倶楽部』付録「世界名婦かるた」

 昭和11年12月に発行された『少女倶楽部』新年号の付録「世界名婦かるた」を入手しました。
Meifucard01

 箱ではありません。
 裏側を開くとこのようになります。
Meifucard02

 絵札を8枚ご披露します。
Meifucard03

 これら8枚の読み札は以下の通りです。

 ほ:施して 民を憫む 御なさけ (光明皇后)
 よ:吉野山 入りにし人の 後を恋ひ (静御前)
 ま:末代まで 日本一の 物語 (紫式部)
 ぬ:抜け出でて 才名高し 香爐峯 (清少納言)
 わ:和歌の道 ふみもみずとて 名を知られ (小式部内侍)
 め:名香の 兜を着せて 先立ちぬ (木村重成の妻)
 す:鈴の屋の ほまれももとは 賢母から (本居宣長の母)
 あ:朝顔に つるべとられて 名を残し (加賀千代)

 「世界名婦かるた」とありますが、大部分は日本人で、外国人は5人しかいません。
 ちょっと看板に偽りあり。(^_^;

 外国から2枚。
Meifucard04

 読み札の裏には、詳細な解説があります。
Meifucard05

« 奈良むさし野旅館の絵はがき | トップページ | 30年ものの種は、なかなか厳しい »

かるた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良むさし野旅館の絵はがき | トップページ | 30年ものの種は、なかなか厳しい »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ