« 埼玉でも人気の赤城山 | トップページ | 3回目の金魚記念日 »

2021年6月 3日 (木)

文火・武火

 以前、当ブログで大正時代の料理本をご紹介したことがありました。もう7年も前です。
 そこに載っている料理もさることながら、使われている語や表記にも興味深いものが多かったです。

 その1つに「文火」があります。この語には「とろび」というルビが付いていました。
 恥ずかしながら、「とろび」を「文火」と書くことは知りませんでした。(^_^;
 ブログの記事は以下の通りです。
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-66d2.html
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-0160.html

 日国を引いてみましたら、『養生訓』の例が挙がっていました。

 ・養生訓〔1713〕七「文火とはやはらかなる火也。武火とはつよき火なり」

 なるほど、文武で対になっているのでした。

 東大史料編纂所の古文書・古記録のデータベースや、岩波の古典大系本などには用例が見つかりませんでしたが、近代文学作品には、森鴎外、有島武郎などに「文火」の例がありました。

 その後、三友亭主人さんから用例のご教示をいただきました。
 大和本草(飲食の部)、鼎左秘録(飲食部)、物類品隲(飲食部)などの例で、いずれも飲食に関する例です。

 どうも、「文火」も「武火」も、料理や薬を煎じるときの火加減の例で、かなり生活に密着した語と考えられます。それで、昔の文学作品や評論にはあまり用いられず、実用書の中で用いられているのでしょう。

 昨日、「ねこあつめ」の「今日のあいことば」が「糖花」だったことで、ツイッターでご質問をいただき、調べていた過程で『和漢三才図会』の用例が見つかりました。

 そこに「文武」の例がありました。
Touka01
 2行目の分注です。

 アップにします。
Touka03

 訓読すれば、「火の文武は、宜しく其の中を得べし」となりましょうか。
 火加減は、弱からず強からず、中間にせよ、ということなのでしょう。

 ひょんなことで用例が見つかりました。
 役に立つ「ねこあつめ」。
 いえ、冗談ではなく、その「今日のあいことば」には、ただ事でない語が採り上げられている(ことがあります)。

« 埼玉でも人気の赤城山 | トップページ | 3回目の金魚記念日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉でも人気の赤城山 | トップページ | 3回目の金魚記念日 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ