« 蜘蛛の巣かきて | トップページ | ぐんまちゃんの手配書、再び »

2021年5月29日 (土)

残骸のような浜木綿

 昨日、1ヶ月振りに渋川の家に来て、浜木綿の鉢植えを外に出しました。
 浜木綿は、冬の間は屋内で冬越しさせています。
 4月下旬にはもう外に出しても良い頃ですが、八十八夜の別れ霜なんてことも言いますので、あと少し待つことにしました。
 その結果、外に出すのがだいぶ遅くなってしまいました。
 屋外ならば、時々雨も降りましょうが、屋内ではそういうわけにはゆきません。
 浜木綿はこんなになっていました。
Hamayu_r030529

 かなりボロボロ。無残な姿です。何とか生きていると良いのですけど。

 去年はもっと不運でした。
 緊急事態宣言が出たこともあって、渋川の家は2月23日から6月5日まで留守にしました。103日間です。
 その間、浜木綿はずっと屋内でしたので、枯れてしまったものと諦めていましたが、生きていました。
 こんなでした。
Hamayu_r020605a

 外側の葉はだいぶ枯れてしまいましたが、中の葉は無傷で、青々としています。
 何とも強靭な植物です。
 このあと、花も咲きました。

 それが、今年は何とも。
 去年で力を使い果たしてしまったのでしょうかね。
 花を付けたのも体力の消耗に繋がったのかもしれません。

 中心部分から新しい葉が出てくればOKです。
 観察を続けます。

« 蜘蛛の巣かきて | トップページ | ぐんまちゃんの手配書、再び »

植物」カテゴリの記事

コメント

103日間の水なし・お日様なしですか…・頑張って生きていましたねえ~

詳しくは知らないんですけど、浜木綿はもともと砂地の浜辺に咲いているものですから、感想には強いのじゃないかな…なんて思うのですが、どうなんでしょうね。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 去年は、コロナのせいとはいえ、浜木綿には本当にかわいそうなことをしました。
 103日間、水なしですからねぇ。お日様はそこそこありました。

 思うに、浜木綿は、大きくて厚みのある葉に水分を溜めているのでしょうね。
 そして、水分の補給ができなくなると、葉に溜めた水分で命を繋ぎ、水分を提供した外側の葉から枯れて、内側の葉を生かすのではないでしょうか。
 生存のための究極の方策といえそうです。

 三友亭主人さんのおっしゃるように、乾燥に強い植物なのだと思います。

 それが、今年は葉がボロボロです。これは留守にしていたこの1ヶ月の間にこうなったのではなく、前からでした。これもナゾです。

 中心部から新しい葉が出てきてくれれば復活だと思いますので、観察を続けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蜘蛛の巣かきて | トップページ | ぐんまちゃんの手配書、再び »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ