« 体重微減 | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) »

2021年5月 2日 (日)

30年ものの種、その後

 4月15日に蒔いた30年前の種、1週間後に芽が2つ出ているのを見つけました。
 その5日後、渋川から帰ってきたときには、芽は4つに増えていました。
 今日は11本ほどです。
 あとから出てきた芽は微細です。

 丸い双葉。
30nentane04

 細長い双葉。
30nentane05

 単子葉類?
30nentane06

 といった面々です。

 種を蒔いたのは17日前です。
 30年も経っているので、目覚めるまで時間が掛かっているのでしょうかね。
 この先、まだ出てくるかもしれませんが、発芽率はかなり低そうです。

 そして、出てきた芽が全て30年前に蒔いた種のものなのかという疑惑もあります。(^_^)

« 体重微減 | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重微減 | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ