« 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(2)持ち主 »

2021年5月 4日 (火)

アナカリスを整理

 金魚の塩浴のとばっちりで白くなってしまったアナカリス、数度にわたる水替えで水槽内の塩分濃度が薄くなるにつれて、緑色の新芽がたくさん出てきました。
Ana10

 新芽が長く伸びたら、新芽だけ活かして、白くなってしまった部分は取り除いてしまおうと思っていました。

 ところが、日曜日あたりから、白くなった葉が茎から離れて水中を浮遊するようになりました。
Ana11

 その葉が、濾過器への吸い込み口に集まってしまいました。
Ana12
 これでは濾過の妨げになりますし、濾過器の中にも枯れた葉が入ってしまったことでしょう。
 濾過が不十分になったり、水質が悪化したりしては困ります。
 それで、急遽、アナカリスの整理をすることにしました。

 水槽の中のアナカリスを全部外に出して、緑の部分だけを残して、白い部分は捨てました。
 本当は、比較的長く伸びた新芽だけ数本選んで活かせばいいのでしょうが、選別するのに抵抗があり、かなり沢山活かしてしまいました。

 全体はこんなです。
Ana16

 濾過器への吸い込み口もだいぶすっきりしました。
Ana17

 この作業をするために、新しく網を買いました。
 それが今日届いたので、今日、作業をしました。

 届いた箱。
Ana13
 縦横のサイズは、一応網にぴったりの大きさです。

 でも、側面を見ると、こんなです。
Ana14

 箱の中。
Ana15

 ムダに大きいとしか思えないのですが。(^_^;
 業者名は内緒です。

« 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(2)持ち主 »

植物」カテゴリの記事

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(1) | トップページ | 明治6年の『単語篇』(新潟の教科書)(2)持ち主 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ