« 柿本人麻呂の忌日について | トップページ | 今日は暴風雨&アマリリスの「土位」低下 »

2021年3月20日 (土)

大正12年の『市町村大字読方名彙』と六合村

 このような本を入手しました。
T12chimeimeii01

 奥付です。
T12chimeimeii02

 この本があれば大正時代の大字以上の地名の読み方が分かります。
 良い資料が手に入りました。

 ところが、群馬県のあたりを見ているうちに、次のような箇所に目が留まりました。
T12chimeimeii03
 「六合」村に「ロクガフ」という読みが付いています。
 この村は、明治33年に6ヶ村が合併してできた村です。
 村名は、6ヶ村の合併なので表記は「六合」としましたが、読みは「くに」です。
 「くに」という読みの典拠は日本書紀にあります。

 「六合」は、日本書紀の神代紀に3例、神武紀に2例あります。そのうち、神武紀の1例を兼右本で示します。
T12chimeimeii04

 東西南北と天地の6つで世界といった意で、「六合」を「くに」と訓ませています。

 六合村に日本書紀の訓を知っている人がいたのでしょうね。アカデミックではありますが、ちょっと凝りすぎという気がします。(^_^;

 そういう次第で、この村名は「くに」であるはずなので、この本の「ロクガフ」という読みは誤りであると思われます。
 大正12年以降に「ろくごう」から「くに」に変わったということは多分ないと思います。←要確認。

 この本において、地名の読みを決めるに当たっては、
  ・明治十三年十二月、内務省地理局出版の『郡区町村一覧』
  ・明治十八年四月、同地理局出版の『地名索引』
  ・明治十三年以降継続出版された、農商務省地質調査所発行の『欧文日本地形図及地質図』にローマ字で表示された地名
  ・陸地測量部発行の五万分の一、廿万分の一などの地図に付された難読地名
  ・海軍省水路部発行の日本水路誌に付されたローマ字による地名
  ・明治四十三年五月、東京自治舘発行の『帝国韓満地方名鑑』
などを資料としたことが、その「緒言」に記されています。

 ところが、依拠した資料間において、読みに相違のあるものが多数あったということです。
 それについて、次のように書かれています。
T12chimeimeii06
 疑わしい地名は、現地の役場に照会して正確を期したとのことです。
 「六合」は明治33年成立の村なので、資料が少なかったのかもしれません。たまたま「ロクガフ」という読みのある資料を見て、これならば表記に相応しい読みということで疑問を抱かず、そのまま載せてしまったものかもしれません。

 良い資料を入手しましたが、絶対ではないということになりますね。
 どんな資料も絶対と思ってはいけないという、良い教訓になりました。気を付けます。

 他に、よく知っている地名を見てみようと思い、なじみのあたりを見てみました。
T12chimeimeii05

 「平塚」の下に「戸越トゴエ」とあります。以前、国文学研究資料館のあった地です。
 今は「とごし」といっています。ただ、この地名については、『日本歴史地名大系』(平凡社)の「戸越村」の項を見ると、見出しには「とごし」の読みを付けているものの、解説に、「なお戸越を古くはトゴエとよんだともいう。」という記述がありました。

 地名は難しいですけど、面白いです。

« 柿本人麻呂の忌日について | トップページ | 今日は暴風雨&アマリリスの「土位」低下 »

文字・言語」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿本人麻呂の忌日について | トップページ | 今日は暴風雨&アマリリスの「土位」低下 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ