« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

箱詰め開始

 渋川の家の片付け、一応本や書類などの仕分けが終わり、昨日から東京の家にもってゆくものの箱詰めを始めました。

 仕分けと並行して箱詰めをすることも可能でしたが、箱をどこに置くか決め難く、先延ばしにしていました。

 年をとって非力になり、物がいっぱい詰まった箱を動かすのが大儀です。それで箱の置場を決めて、そこに置いた箱に物を詰めようという算段です。

 部屋中に、仕分けした山がいくつもあります。それらの山のうち、「東京の家にもってゆくもの」の山が箱の中に収まってゆくと、片付いて行っている感じがします。

 で、積み上がった箱は4つ。

 2日で4つではどうもなりません。頑張らねば。

 箱は、28年前に渋川の家に越して来た時の物です。

 経年劣化を感じますが、使えそうです。宅配便は、道中何度かの積替えがあるでしょうが、引越しは渋川の家から東京の家まで、積み替えなしの直行ですから、箱の状態はあまり問題にならないように思います。

2021年2月27日 (土)

いっぱい寝た

 6日間に亘る(途中2日間休みましたが)集中講義で寝不足だったところに、昨日は前橋で仕事のためにまた早起きをして寝不足でした。

 ひと駅乗り過ごしてしまったのは、そのせいでしょう。

 昨夜は8時間寝て、爽やかです。(笑)

 めざましに起こされて8時間です。めざましを掛けなければもっと寝ていたことでしょう。最近の楽しみは寝ることです。

 しばらく前、睡眠時間7時間だったか(肝腎なその時間が記憶曖昧です)のグループが一番長生きで、それより長くても短くても7時間睡眠のグループより平均寿命は短くなる、というネットの記事を読みました。そういう調査結果が出たのだそうです。

 いっぱい寝れば良い、という訳ではないのでしょうかね。

 思うに、大事なのは、眠りの長さと深さでしょうから、いっぱい寝ている人は、どこか不具合があるために眠りが浅いとか、何かあるのかもしれないと思いました。

 ま、それはともかく、今朝は気持ちが良かったので、今夜もいっぱい寝ることにします。(笑)

2021年2月26日 (金)

昨日はレポート締切日

 今日は前橋で仕事の日でしたので、それが終わった後、渋川の家に来ています。

 渋川駅の1つ手前の駅が最寄りなのに、つい、うとうとっとしてしまい、気がついたら渋川駅でした。(^_^; ひと駅戻らねばなりません。幸い15分後に上り電車がありましたので、それに乗って戻りました。ラッキーでした。

 昨日は群馬県立女子大学の授業のレポートの締切日でした。従来は、紙でもメールの添付ファイルでも良いことにしていましたが、今年はコロナ禍で、添付ファイルのみにしました。

 添付ファイルというか、本当は、リモートの授業で使っていたグーグルクラスルームにレポートなどを提出できるシステムがあるのですが、よく分からないので、昔ながらのやり方にしました。

 今どきの仕組みについて行けていません。(^_^;

 レポート提出のペースが悪いので、私の科目を捨ててしまった学生が多いのかと思いましたが、夜の11時を過ぎたあたりからどっと増えました。

 11時59分台もいましたし、0時2分というのも。(笑)

 昨年度までは、紙でもメールでも良かったので、締切は紙に合わせて、午後4時とか5時にしていました。今年は特に時間を定めなかったので、日付が変わるまでに出せばOKです。

 思えば、昨年度までも、締切時刻の1時間前くらいに集中していたのでした。同じですね。(笑)

2021年2月25日 (木)

パソコン通信を始めた頃

 先日、渋川の家の片づけで見つけました。
S63pasotsu01
 パソコン通信のマニュアルです。
 昭和63年にワープロ専用機を買ったときに、付いてきました。

 それまで「パソコン通信」という語は知りませんでした。
 このワープロ専用機も、パソコン通信ができるからという理由で選んだわけではありません。

 冒頭に、パソコン通信で何ができるのかが箇条書きで示されています。
S63pasotsu02
 このページには、「電子掲示板」と「電子メール」が挙がっています。
 そのあとは、「データベース」「チャット」「証券会社のパソコン通信サービス」「航空券や海外ホテルの予約」「電子ショッピング」「電子会議」と続きます。今のインターネットのような感じです。

 その次には、パソコン通信のための準備について書かれています。
S63pasotsu03
 ここに用意する物が挙げられています。

 ワープロとパソコン通信ソフトはあります。あとは、モデムというものを買わなくてはなりません。
 また、電話線が壁から出ているような家では、壁の電話線をモジュラーコンセントに変える工事をしてもらわなければなりません。
 全く未知の世界でしたので、ハードルが高かったと思いますが、まずは秋葉原に行ってモデムを買いました。
 秋葉原に行くのはそれが初めてでした。
 ついで、電話工事を申し込んで、モジュラーコンセントを設置してもらいました。

 保守的でめんどくさがりの私にしては、ずいぶん熱心に動いたものです。
 パソコン通信でこれをしたい、という明確な理由があったわけでもないのに。
 たぶん、このワープロ専用機でパソコン通信というものができるそうなので、その機能を使わなくては勿体ない、と思ったのではないでしょうか。
 スーパーで2000円買えば100ポイント付く券があるのに、それを使わないのは耐え難い、というのと同じかもしれません。

 次のページには接続法が説明されています。
S63pasotsu04
 確かにこのように繋ぎました。

 最後にもう1つ。
 パソコン通信サービスに入会の申込が必要です。
S63pasotsu05
 複数の会社がある中で、私はニフティーサーブを選びました。
 この時にニフティーからもらったメールアドレスを今も使っています。

2021年2月24日 (水)

カランコエ開花&集中講義終了

 定年退職の折に学科の皆さまから頂いたカランコエの鉢植え、今年も咲きました。
 赤いの。
Kalanchoe20210224a

 オレンジ色の。
Kalanchoe20210224b

 黄色の。
Kalanchoe20210224c

 毎年楽しめるのは嬉しいことです。

 3枚ともアップの画像です。
 アップのばかりということは、全体像はどうも……。(^_^;
 花の数も少なく、茎もひょろ長く徒長してしまいました。
 植物もなかなか難しいです。
 がんばります。

 先週3日間、土日は休んで今週3日間の集中講義、無事に終了しました。
 始まる前は、初めてのTeamsによるリモートで、果してうまくゆくものかどうか心配でしたが、何の問題もなく終わって、ほっとしています。
 無事が一番。

 今日もまた日中はずっと金魚と一緒でした。全員元気です。
 てんぷく金魚は、日中は普通に泳いでいますが、夜になると何度かひっくり返ります。
 早く正常に戻ると良いです。

2021年2月23日 (火)

浮遊するアナカリス

 金魚の水槽の中のアナカリス、買ってきたときは数本の茎だったのですが、茎本体は枯れてしまいました。
 そして、本体から脇芽のような形でたくさん伸びた茎が、本体から離れてたくさん浮遊しています。
 底砂に植えることもしているのですが、すぐに浮いてしまいます。
 新しい根が活溌に伸びています。
Ana01

 こんなのも。
Ana02

 こういう根が底砂の中に広がってくれると良いのですが、なかなか。

 今日は集中講義の2日目。
 1日中、金魚と一緒でした。♪
 金魚は元気です。水温が20度あったので、食欲も旺盛です。

 「ゴハンくれ」という強い圧を感じます。(^_^;
Ana03

 3匹、シンクロしていました。
Ana04
 うちの金魚、ほんとかわいいです。♪

2021年2月22日 (月)

ねこ電2種

 今日は、ぐんまちゃんの誕生日にして、ねこの日でもあります。
 当ブログのバックナンバーを見てみると、毎年この日には、ぐんまちゃんとねこと、両方に関わる画像を載せてきました。
 こんな感じです。
Gunmac_kitty01

 もうネタ切れになってしまいました。
 あれこれ考えて、こういうのを思い付きました。
Nekoden2
 上信電鉄のぐんまちゃん列車と、東急世田谷線のねこ電車です。

 ぐんまちゃん列車の先頭にはぐんまちゃんのヘッドマークが付いているのですが、ちょっと小さいので、アップにします。
Nekoden2b

 今日から、集中講義の後半戦が始まりました。また3日間です。
 無事に終わり、めでたく3分の1が終わったことになります。(^_^)

 今日は暖かい日でしたが、エアコンも低めの温度設定で動かしました。
 その結果、金魚の水槽水は20度になりました。
 水温が高いので動きも活溌で、授業中も時々パシャパシャやっていました。ゴハンの催促だったようです。

 てんぷく金魚は、昨日は何度かひっくり返っていましたが、今日は今のところ一度もてんぷくしている姿を見ていません。
 このまま落ち着いて欲しいです。

 2000円買うと100ポイント貰えるスーパーのポイントラッキー券、2619円の買い物ができて、無事に100ポイントゲットできました。
 619円も余計に買ってしまって。(^_^; 暗算がゆるいので、つい多めに買ってしまいます。

2021年2月21日 (日)

ポイントラッキー券

 今日はどうでもいいような話です。
 「それはいつものことだ」と言われれば、返す言葉もありませんが……。(^_^;

 いつも行くスーパー、時々こういう券が貰えます。
Pointlucky05

 この券を使って3000円以上の買い物をすると、ポイントが5倍になります。
 使わない手はありません。
 このスーパーでは、食料品や日用品を買っています。
 普段、このお店での買い物は、1日に大体1500円くらいです。もう少し買って2000円にするのは簡単ですが、3000円はちょっと難しいです。
 今回の券、2日間繰り返し有効なので、昨日も今日も3000円ずつ買わねばなりません。2日連続は厳しいです。
 いえ、買わねばならないことはないのですが。
 スーパーの思う壺。ちょろい客です。(^_^;

 昨日は3636円、今日は3484円。無事にクリアできました。♪
 暗算しながら買い物しましたが、それがゆるいので、昨日は636円、今日は484円余計に買ってしまいました。

 ま、2日連続無事にクリアできて達成感がありましたが、手元にはまだこんな券が。
Pointlucky06

 明日もまた2000円分の買い物をしなければなりません。
 いえ、しなければならないわけではないのですけど。(^_^;

 普段ならば2000円は簡単ですが、今回は2日連続頑張りましたので、ちょっと厳しいです。
 何か長持ちするもの、痛まないものを探さないと。

 今日、あれこれ物色していたら、888円のカニ缶がありました。カニ缶って結構なお値段ですね。
 これを買ってしまえば簡単と思いましたけど、見送りました。(^_^)

2021年2月20日 (土)

てんぷく金魚、その後

 昨日書いたてんぷく金魚、今日は、金魚部屋の前を通る度に中を覗いていましたが、夕方1回だけてんぷくしていたものの、あとは普通にしていました。

 こんなです。
Kingyo_r030220a
 私が水槽に近づくと、ゴハンを貰えるものと思って、全員落ち着かなくなります。
 昨日てんぷくしていた金魚、どれか分かりません。(^_^;

 てんぷく金魚は頭を下にして、底砂の中に落ちたゴハンをあさっていました。昨日のてんぷく状態とは大違いです。
Kingyo_r030220b

 最初にてんぷくしているのを見たのは集中講義の1日目でした。
 以後、いずれも短時間ながら、毎日1~2回てんぷくしているのを見ました。

 私が大声で授業をしていたのがストレスになったのかもしれません。(^_^;

 マイクはパソコン内蔵のものを使っていますので、口からは少し距離があります。そこで、声を大きめにしています。
 そして、集中講義を続けていると、ハイになってしまって早口になると書きましたが、声もさらに大きくなります。(^_^;
 声が大きすぎると学生さんはイヤでしょうけど、それは受信側のスピーカーの音量を下げることで対応できると思います。

 しかし、金魚は、間近で長時間にわたって大声を聞かされ、音量調節もできませんので、ストレスになりそうな気がします。(^_^;

 てんぷく病、無事に治って欲しいです。

2021年2月19日 (金)

集中講義、1科目終了&金魚がてんぷく

 一昨日から始まったリモートの集中講義、1科目が無事に終了しました。
 来週の月火水、もう1科目あります。
 授業は金魚の水槽をバックに行いました。
 日中ずっと金魚とともに過ごしました。

 ふと見たら、一番小さな子がこんなになっていてびっくりしました。
Kingyo_tenpuku01
 お腹を上にして浮いてしまっていますし、目も見開いたままです。

 死んでしまったかと思いましたが、すぐに普通の姿勢に戻って泳ぎ出しました。
Kingyo_tenpuku02

 元気です。
 しかし、1日に何度かてんぷく状態になります。

 以前、ネットで金魚の病気を調べたときに「てんぷく病」というのを見ました。
 どうも、それのようです。
 原因はよく分かっていないながら、他の魚に伝染しないし、命にも関わらないそうです。
 治療には、水質の悪化を防ぐ、水温を上げる、餌を減らす、塩浴、などがあるとのことです。

 生き物と暮らしていると、色々あります。

2021年2月18日 (木)

明治10年の『新撰年代記』(7)外国の都市名

 度々載せている明治10年『新撰年代記』の第7弾です。
 前回ご紹介した(6)では、外国の国名を取り上げました。
M10nendaiki23
 それぞれの国の項目の中に「都府」というのがあります。都市のことですね。
 各国の主要都市が漢字で列挙されています。1国につき、1~3都市です。

 これまたリストアップしてみました。

  倫敦、ロンドン/イギリス
  哥拉斯哥、グラスゴー/イギリス
  都伯林、ダブリン/イギリス
  百爾霊、ベルリン/プロシア
  斯徳哥爾摩、ストツクホルム/スエーデン
  其利斯的那、キリスチアナ/ベルギー
  不?捨拉斯、フリムウセルス/ベルギー
  力士門、リスボン/ポルトガル
  加義羅、カイロー/エジプト
  里約熱内霊、リヲデジヤネロ/ブラジル
  北京、ペキン/シナ
  南京、ナンキン/シナ
  定海、シヤャンハイ/シナ
  巴黎斯、パリス/フランス
  馬耳塞里亜、マルセール/フランス
  里昂、リヨン/フランス
  維也納、ウインナ/オーストリア
  可品哈肯、コツペンヘーケン/デンマーク
  伯爾尼、ベルジ/スイス
  雅典、アデンス/ギリシャ
  華盛頓、ワシントン/アメリカ合衆国
  紐句爾、ニユヨルク/アメリカ合衆国
  費拉地費、フイラトルフイヤ/アメリカ合衆国
  散地牙峩、サンチカコ/チリ
  徳墨蘭、テヘラン/ペルシャ
  彼得羅堡、セントピートルスブルク/ロシア
  墨斯科、モスコー/ロシア
  仏羅稜薩、フロレンス/イタリア
  羅馬、(ルビなし)/イタリア
  海牙、ベーク/オランダ
  安時堤、アムステルダム/オランダ
  馬徳里地、マトリツト/イスパニア
  墨西哥、メキシコ/メキシコ
  利馬、リマ/ペルー

 全部で34都市です。/のあとに国名を記しました。

 こちらにも普段は使わないような文字が結構出てきます。
 昨日のブログに書いた、集中講義を履修している中国からの留学生に聞いてみました。
 以下の都市名が今も同じ表記だそうです。

 倫敦(ロンドン)、都伯林(ダブリン)、斯徳哥爾摩(ストックホルム)、加義羅(カイロ)、里約熱内霊(リオデジャネイロ)、
 里昂(リヨン)、維也納(ウイン)、雅典(アテネ)、華盛頓(ワシントン)、彼得羅堡(セントペテルスブルク)、
 墨斯科(モスコー)、羅馬(ローマ)、墨西哥(メキシコ)

 この明治10年の年代記では、都市のことを「都府」と称しています。

 以前、当ブログで『万国地誌略』という資料をご紹介しました。これまた明治10年の刊行です。
 そこにこういうページがあります。
M10bankokuchishiryaku08
 アジアの地図です。右上隅に小さな○印があり、「都府又港」とあります。
 明治10年の頃、都市のことは「都府」と呼ぶことが一般的だったのかもしれません。

2021年2月17日 (水)

今日から集中講義&外国の国名の表記

 今日から非常勤先の集中講義です。水木金の3日間。そして、土日は休みで、来週の月火水です。
 自宅からのリモートになります。
 朝から夕方まで長時間の授業ですので、通勤時間がゼロというのはありがたいです。

 いつもそうなのですが、長時間続けて授業をしていると、気分がハイになってしまい、どうしても早口になってしまいます。「早いなぁ」という自覚はあっても、止まりません。(^_^;
 明日、明後日、なんとかゆっくり話すように努めます。

 リモートの方法はTeamsです。元の勤務先でのリモートはmeetでした。学会などはZoomが多いです。Teamsを使うのは全く初めてで、不安でした。ぶっつけ本番でしたが、meetとあまり変わらない感じで、なんとか大丈夫でした。

 授業は金魚の水槽をバックに行いました。
Kingyo_r030212

 水温は、朝は14度でしたが、暖房を付けていましたので、集中講義が終わったときには17度になっていました。長時間掛けて3度の上昇なので、良い感じです。短時間での大きな変動は好ましくありません。

 金魚のゴハンは普段は1日2回ですが、ゴハン圧力に負けて、つい朝昼晩の3回与えてしまいました。水温の上昇も食欲を増進させたのでしょう。1回分を少なめにすれば問題はないかと思います。

 履修者の中に中国からの留学生がいましたので、先日の明治10年の年代記の外国地名を聞いてみました。
 そうしたら、瑞典(スエーデン)、葡萄牙(ポルトガル)、埃及(エジプト)、希臘(ギリシャ)、智利(チリ)、西班牙(イスパニア)、墨西哥(メキシコ)などは今も使っているとのことでした。

 以前、同じ大学の集中講義で、サウジアラビアからの留学生からも貴重な話を聴くことができました。私の方にも大きなプラスがあります。

2021年2月16日 (火)

ゴミ袋4つ&渋沢栄一の深谷駅

 今日まで渋川の家に行っていました。なかなか片づけが終わりません。
 今朝はゴミ袋を2往復で4つ出しました。全部重かったです。
 袋の中は七分目くらいに留めようと思っていたのですが、つい目一杯入れてしまいます。袋も有料なもので。(^_^;

 今週から新しい大河が始まりましたね。渋沢栄一。
 東京への帰り道は在来線に乗りましたので、深谷駅を通ります。
 満を持していたのですが、失敗しましたので、2年前に撮った写真を載せます。
Shibusawa01

 全体が長いので、フレームに収めるのが難しく、今日は頭が欠けました。
 上の写真、よく綺麗に収まったものと思います。

 その代わり、前回はブレてしまったこの看板はうまく撮れました。
Shibusawa05
 一番上の写真の「沢」の字の下です。

2021年2月15日 (月)

「サコイチ」効果

 当ブログのアクセス数が、昨日、通常と比べて3倍程になりました。

 調べてみたら、去年の今日の「「サコイチ」って」のページを見に来てくださった方が多かったのでした。今年になってからの当ブログのページ別アクセス数トップです。たった1日で。

 理由は明確で、私も愛好しているスマホゲーム「ねこあつめ」の昨日の「今日のあいことば」が「サコイチ」でした。

 去年の同日も「サコイチ」でした。はじめて見た語でしたので、「何だろう?」と思ってブログに書いたのです。チョコレートのことなのですね。明治時代に「チョコレート」を漢字に音訳したのを誤読したのです。

 今年も同じあいことばでしたので、それを見て「何だろう?」と思った方々が検索で当ブログに辿り着いたのでしょう。

 「ねこあつめ」の愛好者のお役に立てて嬉しいです。

2021年2月14日 (日)

風神雷神のチョコレート

 頂き物です。
Fujinraijin03

 蓋を開けると、中は二段になっています。
Fujinraijin05
 黄金の目映い中に、風神・雷神が鎮座しています。

 上段・雷神の解説。
Fujinraijin01

 下段・風神の解説。
Fujinraijin02

 このように合計8つのパーツに分かれていて、それぞれ味が違います。
 いろいろな味が楽しめます。

 おいしく頂いています。♪

2021年2月13日 (土)

ぐんまちゃんブランド化に3億3000万円

 昨日のネット情報によれば、群馬県は、ぐんまちゃんの認知度を向上させ、ブランド化を図るために、2021年度一般会計当初予算案に関連経費3億2927万円を盛り込んだとのことです。

 ぐんまちゃんの全国での知名度は40%で、ご当地キャラクター5位だそうです。
 数あるゆるキャラの中で第5位ならば立派と思いますけど、くまモンやふなっしーの認知度は90%を超えるとのことで、ちょっと後れを取っています。

 ぐんまちゃんのブランド化関連予算は、2020年度も1億2518万円を計上したそうですが、2021年度はその2.6倍となります。
 増える分は、1億6328万円を充てるアニメ化だそうで、1回7分の作品を計39話制作するそうです。

 そういえば、今年ぐんまちゃんから貰った年賀状にもアニメ化のことが書いてありました。
Gunmac_nenga2021a

 ぐんまちゃんの認知度は、群馬県内ではほぼ100%でしょうから、このアニメは主に群馬県外で放送するのでしょうね。
 あるいはネットでしょうかね。

 楽しみです。

2021年2月12日 (金)

明治10年の『新撰年代記』(6)外国の国名

 度々ご披露している明治10年の『新撰年代記』、第6回目となります。
 今回は外国の国名です。
 「各国形勢」という項目があります。冒頭はこんな具合です。
M10nendaiki23
 国ごとに、まず国名があり、続いて、「幅員 人口」「都府」「鉄路」「土産」という4項目が並んでいます。
 「幅員」というのは面積ですね。今、「幅員」というと道幅などに用いますので、面積に用いるのは新鮮な気がしました。
 「土産」は各国の産物を指しているのでしょう。すると、読みは「みやげ」ではなく「とさん」か「どさん」なのでしょう。

 挙がっている国は全部で22ヶ国で、以下の通りです。

  英吉利〔イギリス〕(イギリス)
  普魯西〔プロシア〕(プロシア)
  瑞典〔ズウイデン〕(スエーデン)
  比利時〔ベルジュム〕(ベルギー)
  葡萄牙〔ポルトガル〕(ポルトガル)
  埃及〔ヱヂプト〕(エジプト)
  伯爾西〔ブラジル〕(ブラジル)
  支那〔シナ〕(シナ)
  仏蘭西〔フランス〕(フランス)
  墺地利〔ヲースタリヤ〕(オーストリア)
  嗹国〔デンマルク〕(デンマーク)
  瑞西〔スイチル〕(スイス)
  希臘〔ギリシヤ〕(ギリシャ)
  米合衆国〔アメリカガツシフコク〕(アメリカ合衆国)
  智利〔チリ〕(チリ)
  比耳西亜〔ペルシヤ〕(ペルシャ)
  魯西亜〔ロシヤ〕(ロシア)
  以太利〔イタリヤ〕(イタリア)
  和蘭〔ヲランダ〕(オランダ)
  西班牙〔イスパニヤ〕(イスパニア)
  墨西哥〔メキシコ〕(メキシコ)
  白露〔ペイリユ〕(ペルー)

 この年代記に付いているふりがなを〔 〕内に示し、現在の読みを( )内に示しました。

 地域別の内訳は以下の通りです。
  ヨーロッパ 14
  アメリカ   5
  アフリカ   1
  アジア    1
  中近東    1

 だいぶヨーロッパに偏っています。
 国名の排列順はよく分かりません。

 国名表記は今と同じものもあれば、そうでないものもあります。
 ま、「今と同じ」といっても、今はカタカナで書くことが普通ですが、たとえば、一太郎で「フランス」や「ポルトガル」を打とうとすると、変換候補の中に、この年代記と同じ「仏蘭西」や「葡萄牙」が出てきます。

 外国の国名にはどうして難しい漢字を当てたのでしょうか。
 理由として、次のようなことを考えました。

 1.なるべく似た発音の文字を用いようとした。
 2.その国の特徴と合う意味を持つ文字を当てようとした。
 3.すでに清国で使われていた表記に準拠した。
 4.外国の地名であることがすぐに分かるように、普段あまり用いない文字や文字列を選んだ。

 まだ思い付くかもしれません。
 いくつか兼ねたものもあったかもしれません。

 さて、いかに。

2021年2月11日 (木)

昔の定期預金

 先日、群馬で暮らし始めた頃の出納帳をご披露しました。
 同じ頃の定期預金通帳が出てきました。
 こんなです。
Teikitsucho

 8万円+12万円+15万円=35万円という感じで、段階的に定期預金を増やしていっています。
 40年も昔ですが、貨幣価値は今とあまり違っていないと思いますので、35万円というのはささやかな額の定期預金です。
 目に付いたのは、預金金利です。年6.5%とか、6.0%です。7%なんていう時代もあったような気がします。
 今と2桁くらい違いますか。
 35万円で6%とすると、1年間の利子が2万1000円になります。計算違いかと思って、計算し直しました。
 そんな時代もあったね、という思いがします。

 定期預金がこの10倍の350万円あれば、1年間の利子は21万円ですねぇ。
 夢のような時代でした。

 預金通帳の画像をアップするなんて下品とも思いましたが、記載されている金額は上品なので、まあ良いかと思いました。(^_^)

2021年2月10日 (水)

明治10年の『新撰年代記』(5)「ティ」「ヴ」の表記

 何度か取り上げている明治10年の『新撰年代記』、本体は年表なのですが、付録が豊富です。
 アルファベットの一覧も載っています。
 これは、文政五年の年代記には載っていません。やはり文明開化の時代です。

 活字体。
M10nendaiki21
 標題は「英国(イギリス)羅馬(ラウマ)軆」とあります。
 「アルファベット」という言葉は使われていません。
 「ローマ」が「ラウマ」となっていますね。歴史的仮名遣いということになりましょうか。

 筆記体。
M10nendaiki22
 標題は「同草躰」となっています。
 「筆記体」ではなく「草体」ですね。興味深いです。
 日本国語大辞典には「そう‐たい[サウ‥] 【草体】〔名〕書道で、草書の書体。」とあるばかりで、アルファベットの筆記体の意味は挙がっていません。
 「筆記体」という語に興味を覚えて、また日国を引いてみたら、載っていた用例が五木寛之の『さらばモスクワ愚連隊』〔1966〕でした。
 そんな新しい用例しかないの? と思いました。私が中学生の時、英語の授業で普通に出てきました。1966年というと、ちょうど同じ頃ですけど。
 「日国友の会」というサイトがあります。
https://japanknowledge.com/tomonokai/

 このサイトに「「日国友の会」とは」という項目があり、こうあります。
 >『日国友の会』では、日本国語大辞典第三版へ向け、未収録の用例・新項目を広く皆さまより募集しています。
 >現行の例文より古い例などがありましたら、ぜひご投稿ください。

 そこに「筆記体」のより古い例が投稿されていました。
 投稿者は末広鉄男氏で、『造本と印刷』(1948年 山岡謹七)です。戦後すぐの用例ですね。それにしても意外と新しい気がします。

 それぞれの文字には片仮名で読みが付いていますね。
 今と同じ音もありますけど、「C スィー」「J ゼイ」「W ドブルユー」「Z ズイー」など、異なるものもあります。
 「スィー」で、「セクスィー部長」を思い出しました。
 あれこれ興味深いです。

 などと思っていたのですが、数日経ってから、いやいや注目すべきはむしろ「D ディー」「T ティー」「V ヴィー」ではないかと思い至りました。
 これらは今と同じ表記なので、最初は注意を引きませんでしたが、こういう、当時の日本語にはない発音をどう文字化するか。
 その結果、小さい「ィ」や長音記号を組み合わせて表記したり、「ウ」に濁点を付けたりして工夫したのですね。
 今は見慣れた普通の表記になっていますけど、120年以上も前に、今と全く同じ表記が生み出されているって、すごいことではないかと思えてきました。

2021年2月 9日 (火)

ゴミ袋7つ&レジ袋崩壊

 今回は渋川の家に行ったのが土曜日でしたので、金曜朝のゴミ出しはできませんでしたが、今朝、帰京前にゴミ出しができました。
 今日は4往復で7袋でした。
 今まで、3往復で8~9袋出したこともあったのに、今回はやや非効率でした。
 重くて。(^_^;
 まとまった紙をどさどさ入れてゆくと、45リットルのゴミ袋はかなり重くなります。
 「紙はもとは木だから」という言葉に納得できます。

 そこで、ゴミ袋の中を紙だけで充たすことはせず、レジ袋を混ぜています。
 渋川市ではプラゴミも可燃ゴミになります。
 もう大分前からスーパーではレジ袋は辞退していますが、コンビニなどでは最近までレジ袋をもらっていました。
 もらったレジ袋は、そのまま捨ててしまっては勿体ないので、ずっと溜め込んできました。
 でも、渋川市ではゴミ出しは指定の専用の袋を使わねばならず、なかなかレジ袋がなくなりません。
 恥をさらすようですが、10月に片づけを始めた頃、こんなでした。
Regifukuro02

 これが今日はこうなりました。
Regifukuro01

 めでたいです。(^_^)
 でも、これでもうレジ袋を使っての重さ軽減はできません。
 ゴミ袋に目一杯入れずに、七分目くらいで止めることにしますか。

 レジ袋は長年月を経ると劣化して崩壊するようです。
 こんなのや。
Regifukuro03

 こんなのも。
Regifukuro04

 土に埋まったレジ袋は自然に返るようにそういう仕様なのでしょうかね。

2021年2月 8日 (月)

ギガ減り&箱雪崩

 一昨日から渋川の家に来ています。
 1日目、2日目と暖かかったので、そこそこ捗っています。
 寒いと、なかなかストーブの前から動かないので。(^_^;
 今日は寒くなりました。

 ポケットWi-Fiの通信量、こんな感じです。
Pocketwifi05
 一昨日、いきなり1GBを超えてびっくりしました。

 月に7GBで速度制限が掛かりますので、こんなペースでは1ヶ月持ちません。
 幸い、1日だけで、あとはいつものペースです。
 1日目にどうしてこんな数字になってしまったのか、皆目分かりませんでした。
 あとからふと気づいたのは、アプリケーションソフトの自動アップデートが1件ありました。
 それと、来週、teamsを使ってリモートの授業があるのですが、teamsはまだ使ったことがないので、練習のために繋いでみました。
 この2つかなぁと思います。
 パソコンで何をするとどのくらいの通信量になるのか、知りたいです。

 不要な箱は畳んでしまえば良いのですが、「とりあえず」ということで、ポイポイ投げて積み上げていたのが崩落しました。
Hakoyama03

 1月上旬に撮した時はこんな感じでした。
Hakoyama01

 ま、崩れて当然と思います。(^_^;
 とりあえず、また積み直しました。(^_^)

2021年2月 7日 (日)

明治10年の『新撰年代記』(4)神社仏閣

 3回ご紹介してきた明治10年の『新撰年代記』、今日は第4回目です。
 この年代記には、「神社仏閣草創年代」というリストも載っています。
M10nendaiki20
  このような感じで、全部で42の神社仏閣の創始年代と、創始から明治8年までの年数が載っています。
 この創始年代が史実と合うかどうかは置き、記載されている創始年と明治8年までの年数とは、冒頭の2つを除いて、他は全て合っています。
 冒頭の2つというのは、神武と垂仁で、ともに1年ずつズレています。
 この2つは、日本書紀の年代ではどちらも紀元前になるので、そこでの換算で1年ズレたものと思います。

 こういった神社仏閣の創始年のリストは、文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』にも載っています。
Wakannendaiki16
 本来は横に1本なのですが、収まりが悪いので、上下2段に分けました。

 こちらは、文政5年までの年数だけ載っていて、創始年は記載されていません。
 年数を明治10年の年代記に換算して比べると、見事なほど合っていません。
 依拠した資料が異なるのか、あるいは計算違いかと思います。
 明治のは西暦を使って計算したものと思いますが、文政のは使っていないのでしょう。その差が出たものかもしれません。

 さて、幕末維新を挟むよく似た2つの材料が手許にあるので、比較してみました。

 【両方に載っている神社仏閣】
 伊勢内宮御鎮座、江州 竹生島出現、伊勢外宮御鎮座、豊前 宇佐八幡宮、摂州 住吉社鎮座、摂州 四天王寺、信州 善光寺本尊
 藝州 厳島明神、西京 六角堂、和州 多武峰、江州 山王権現、城州 加茂社、和州 長谷寺、城州 稲荷明神出現、南都 春日社
 南都 大仏供養、城州 愛宕山、西京 八阪塔、西京 清水寺、西京 八阪神社、城州 比叡山、城州 嵯峨釈迦堂、雲州 出雲大社

 【文政にのみ載っている神社仏閣】
 熱田社、吉野蔵王、松尾社、箱根権現、平野社、男山八幡、吉田社、鹿島社、多賀社、三輪社、白髭社、仁和寺、日吉社

 【明治にのみ載っている神社仏閣】
 熊野権現出現、和州 法隆寺、和州 龍田社、東京 浅草観音、和州 当麻寺、和州 興福寺、江州 石山寺、紀州 玉津島出現
 野州 日光山、西京 建仁寺、城州 東寺、紀州 高野山、江州 三井寺、城州 東福寺、西京 南禅寺、東京 増上寺
 西京 大仏殿、東京 東叡山、東京 回向院

 両方に載っている神社仏閣は、当時の代表的な神社仏閣といえましょう。伊勢神宮をはじめ、今も有名な神社仏閣が並んでいます。

 文政のには載っているが明治のには載っていないもののうち、鹿島社、多賀社、三輪社、白髭社の4社は、文政の年代記に「神代よりちんざ 年歴不詳」とあります。これらが明治の年代記に載っていないのは、明治の年代記には年歴不詳のものは載せないという方針があったのかもしれません。
 他は、京都近辺の社寺が多いように思います。東京遷都により、京都近辺の社寺への関心が薄れたのでしょうか。

 文政のには載っていないが明治のには載っているという社寺はどうでしょうか。
 今日の目から見れば、法隆寺、興福寺、高野山など、有名どころがちゃんと載っています。
 あと、浅草観音、日光山、増上寺、東叡山、回向院などは東京遷都によるものでしょう。
 おおむね年代順に掲載されている中で、末尾に回向院が載っていて、宝亀三年の草創となっています。
 これはヘンですね。回向院は、明暦の大火の焼死者を祀ったのが最初で、明暦三年(1657)に開かれた寺院ですので、何か間違いがあるのでしょう。

 今日著名なお寺なのに、どちらの年代記にも載っていないものに、中尊寺、鹿苑寺、慈照寺、高山寺、薬師寺、唐招提寺などがあります。

 神社仏閣も世に連れ。

2021年2月 6日 (土)

昭和から平成への代替わり

 昨日無事に一太郎を受け取り、インストールも済ませました。
 それで、今日はまた渋川の家に来ています。
 もう少し。

 テレビ番組をせっせと録画したVTRがたくさんありますが、大部分廃棄ですね。
 DVDに焼き直すのも大変だし、それをしてもたぶん見ないと思います。
 それでも、「これは」というごく少数はDVDに焼こうと思います。
 1つは勤務先の卒業式。私が講堂にビデオカメラを持っていって撮影したわけではありません。
 毎年、地元の群馬テレビのニュースで取り上げられていました。
 ほんの2分ほどですけど、これを留守録していましたので、これくらいはDVDに落とそうかと思います。

 あとは、これ。
Showataisou

 代替わりも改元も生まれて初めてのことでしたので、保存せねばと思って、録画しました。
 中身はNHKのニュースや中継などです。

 これはDVDに焼こうかと思います。
 DVD化しても、たぶん見ないと思いますけど、なんとなく保存版という思いで。(^_^;

2021年2月 5日 (金)

一太郎2021到着

 今日は金曜日。「今朝は○往復してゴミを○袋出しました」と書くのが恒例になっていましたが、今日は東京にいるので、それはナシです。
 なぜ東京にいるのかというと、一太郎2021が配達されるからです。
 一太郎を予約する時点では、今頃はもう渋川の家の片づけは終わっていると思い、今日の発売日配達で注文しました。
 ところが片づけはまだ終わらず。
 見通しの悪い人間です。(^_^;

 一太郎、届きました。
Ichitaro2021

 パソコンを初めて買ったのが昭和63年の暮。その時に、一緒に「一太郎」「ザ・カード」「信長の野望」を買いました。
 やがて年が変わり、昭和天皇崩御に伴い、元号が平成に変わりました。
 そんな次第で、私の一太郎歴は平成の年数とほぼ同じです。
 令和に変わってしまって、計算がややこしくなりましたが、32年になりますか。

 今年のパッケージ、昔のに比べたらずいぶんスリムになりました。

 今後も一太郎を愛用して行きます。

2021年2月 4日 (木)

群馬で暮らし始めた頃

 先日、渋川の家の片づけで、群馬に引っ越した頃の出納帳が出てきました。
 昭和60年4月です。36年前ですね。
 生活史の資料になりましょうか。(^_^;

 引越当日の4月5日。
S6004suitou01
 東京から群馬への引っ越し代は5万円でした。荷物もあまりなかったのでしょう。
 高速代2000円とあります。もう関越自動車道が開通していました。
 大宮始発で開業した上越新幹線は、この頃には上野発になっていました。東京発になるのは少し先です。
 引越業者に昼食代・チップとして8000円渡しています。
 これは、世間知らずの私の知恵ではありません。父に言われてのことでした。
 あと、サンダル、スリッパ、歯磨き、歯ブラシなど、こまごまとした物を買っています。
 本当に大した物も持たずに引越したようです。

 2日目の6日。
S6004suitou02
 この日は電話を申し込んでいます。72800円。
 ググってみたら、当時は電話加入権として72000円が必要でした。差額の800円は不明です。
 この日も、台所まわりのあれこれを買っています。
 下の方にある「ポイロンS」は何なのか不明です。ググっても出てきませんでした。
 単位呼称は「枚」です。「ポイ」は捨てるイメージがあります。「ロン」はナイロンを連想させます。
 三角コーナーに取り付ける袋ですかね。
 さらにその下に、じょうろと移植ごてがあります。引っ越し早々なのに、園芸をする気満々。(^_^)

 3日目の7日。
S6004suitou03
 カラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機を買っています。
 「カラーテレビ」と書いているということは、当時まだモノクロテレビもあったのでしょうか?
 いずれもごく普通の品です。一人暮らしなので、冷蔵庫は割と小型です。
 これらの家電製品が今いくらぐらいなのか分かりませんが、あまり変わらないでしょうか。
 当時、バブルの少し前でしょうか。その後、バブルがはじけてデフレが続きましたので、36年経っても、物価はあまり変わっていないのかもしれません。
 当時、大型カメラ店はあって、売っている品の価格は町のカメラ屋さんとは大きな差がありましたが、大型家電店はまだなかったような気もします。そんな背景もあったかもしれません。
 これらの製品のうち、冷蔵庫と掃除機は今も現役です。丈夫で長生き。
 洗濯機は2台目になりました。テレビは、アナログ放送が地デジに変わった時点で使えなくなりましたが、DVDデッキのモニターとしてさらに使いました。
 電化製品の他に、鍋、釜、フライパン、包丁、まな板を買っています。自炊する気満々。
 土鍋も買っています。ご飯を炊くのに、炊飯器ではなく、土鍋を使いました。

 4日目の8日。
S6004suitou04
 前日に土鍋を買ったので、早速お米を買っています。
 あとは、食品と雑貨類。

 5日目の9日。
S6004suitou05
 やっと自転車を買っています。
 ということは、この日まで、買い物には歩いて行ったことになります。どのお店までも結構遠いです。
 電化製品は配達してもらいましたが、あとは持ち帰ったのですね。重かったと思います。お米も5kg買っているし。(^_^;
 あと、こたつを買っています。4月上旬はまだ寒い日もあったことでしょう。これから暖かくなりますが、寒い季節以外も、このこたつを食卓として使いました。

 6日目の10日。
S6004suitou06
 魚を焼く網や、その他あれこれ雑貨を買っています。
 暮らしているうちに、あれが足りない、これが足りないということで、順次買い増していったことが分かります。
 ほんと、引っ越しに際して持っていったのは、本、ワープロ、机と椅子、布団くらいだったのでしょう。

 という6日間でした。長々と書きまして。

2021年2月 3日 (水)

明治10年の『新撰年代記』(3)地図

 少し日が空いてしまいましたが、2回ご紹介した明治10年の『新撰年代記』の3回目です。
 この本には日本地図も載っています。
M10nendaiki15

 ちょっと小さいですね。
 部分的に拡大します。
M10nendaiki19

 文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』にも日本地図が載っています。
Wakannendaiki07
 明治10年の地図と比べると、日本の形はさすがに明治の方が正確ですね。
 一方、拡大して見ると、文政の方がずっと詳細です。
Wakannendaiki15

 詳細さが異なるのは、明治の地図が小さいせいです。
 なぜ小さいのかというと、明治のは地図の範囲が広いのです。
 冒頭の明治の地図は、実は日本地図の一部でした。全体はこうなっています。
M10nendaiki14
 千島の果てまで載っています。このために地図がずいぶん寝ることになりました。

 この地図の2年前、明治8年にロシアとの間に「千島樺太交換条約」が結ばれて、千島列島は全て日本領になりました。
 この地図はそれを反映しているのですね。
 明治14年に作られた「蛍の光」の4番にも「千島の奧も 沖繩も 八洲の内の 護りなり」とあります。

 また、上の地図にも見えていますが、明治の地図には世界全図も載っています。
M10nendaiki16

 これは文政の本にはないものでした。
 国際化した明治日本。

2021年2月 2日 (火)

壬申の乱ゲーム

 昭和50年代だったでしょうか、戦争のボードゲームが店頭に並んだ時期がありました。
 私は日本の合戦にしか興味がなく、関ヶ原や大坂夏の陣を買いました。
 関ヶ原は友達と遊び、夏の陣は一人で楽しみました。←1人でって……。(^_^;

 渋川の家の片づけで、こういうものが出てきました。
Jinshingame01
 奥付に依れば1984年4月発行です。昭和59年ですね。
 戦国時代は好きですが、想定外の壬申の乱は「おお!」でした。目が輝いたと思います。(^_^)

 ゲーム用の地図。
Jinshingame02

 倭付近のアップ。
Jinshingame03
 左下に吉野宮があります。あとは、倭京、箸陵、墨坂なども。
 菟田評家とあります。大宝以前なので、郡ではなくてちゃんと評になっています。

 大海人皇子の本営付近。
Jinshingame04
 こちらも不破評家になっています。
 右上には大きく国名の「三野」の文字があります。これも「美濃」ではなく古い表記ですね。
 他にも、「川内」「淡海」など古い表記がなされていて、大変結構です。(^_^)
 「伊世」という表記もありますが、これは「伊勢」で良かったかと思います。

 コマ。
Jinshingame05

 人物のコマのアップ。
Jinshingame06
 大海人皇子側が赤なのは、赤い旗を用いたという記述を踏まえているのでしょう。(^_^)
 人名の下の3つの数字は、左から順に、指揮能力・作戦能力・戦闘能力とのことです。

 大友皇子側に倭姫王がいます。指揮能力等は全て0ですが、倭姫王に率いられている部隊の士気は数値がプラスされます。
 大友皇子側で★マークが付いているのは、裏切る可能性のある人物で、サイコロの目次第で大海人側になるとのことです。

 この本には、壬申の乱の史実についての詳細な解説があります。
 万葉歌も引用されています。
 そういうマニアックな出来で、ゲームのルールもややこしく、せっかくの壬申の乱ゲームなのに、あまりやってみたいという気になれません。(^_^;

2021年2月 1日 (月)

片づけダイエットさらに継続中

 月が変わりましたので、恒例の体重推移グラフを載せます。
Taiju201906_202101

 おせち太りが心配でしたが、そういうこともなく、体重減少はまだ続いています。
 縦のマス目は1つ1kgです。
 ピーク時よりも4kg弱減りました。でも、1年前と比べるとまだ1kg強多いです。(^_^;

 1月のBMIの平均値は23.4でした。
 日本肥満学会の基準では、BMI22が適正体重で、18.5~25未満が普通体重だそうです。
 普通体重の範囲内には入っていますが、適正体重よりは多いです。もう少し減らす方向で頑張ってみます。

 あ、頑張るといっても、今までもそう頑張ってはいないのでした。
 片づけを始めたら減りだしたという次第です。(^_^;


« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ