« 3つの味の牛肉弁当 | トップページ | ゴミ袋の置き場&古トイレ »

2021年1月15日 (金)

ゴミ袋9つ&別のチュー害

 今朝は3往復でゴミ袋を9つ出しました。
 もう片づけのヤマは越えたはずですが、出るゴミはなかなか減りません。

 縁側の突き当たりに押し入れがあります。
 平成4年に玉村から渋川に越してきて以来、たぶん開けていないと思います。
 この家の最後の秘境です。
 中には段ボール箱がいくつか入っていると思っていましたが、開けてみたら十数箱ありました。
 また仕事が増える。(^_^;

 上下二段の下段から始めました。最初の1箱は何ごともありませんでした。
 取っておくものと捨てるものとが半々くらいでした。
 28年間一度も開けなくても、要らないわけではありません。

 そのすぐ下の箱も最初は何ごともなかったのですが、掘り進むにつれて、こんな状態になっていました。
Chuson01
 箱の奥に穴が開いていて、向こうが見えます。

 「うわ! またネズミだ」と思いました。
 ところが、箱の中の書類の状態をよく見ると、ネズミではないようです。
Chuson02
 立体地図のようになっていますし、ピンホールのようなものも見えます。
 これ、紙魚でしょうね。
 紙魚って、古書とか古文書とか経典とか、そういうものを食うのだと思っていました。
 セーターが虫に食われたことはありましたが、紙を食われたのは初めてです。

 こんなのも。
Chuson03
 院生の頃のレポートです。
 「豊後国風土記の」なんたら、とあり、サブタイトルが「并、乙類風土記の」なんたらとあります。
 手書きですね。
 あたら玉稿が……。

 さて、この箱から出したもので、虫損がなく、東京に持って行くものをそのまま段ボール箱に入れたら、虫食いが広がってしまうかもしれませんね。虫干しをしている余裕はないし。ドライヤーを当ててみますか。

« 3つの味の牛肉弁当 | トップページ | ゴミ袋の置き場&古トイレ »

日常」カテゴリの記事

コメント

「虫食い」ですか・・・
なにやら、古文書やらふる~い写本の趣がありますなあ。
おっしゃるように古書やら古文書でしたら紙は和紙、ああいう虫さんは和紙ばかりを好んで、洋紙は好まぬものと思っていました。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 本当にそうです。
 私も、シミといえば和本、という認識でしたので、まさか段ボールや原稿用紙、コピー紙などが食われるとは思いませんでした。現に、今まで生きてきて、こういう被害に遭ったことはありませんでしたし。

 他の箱が無事であることを祈るばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3つの味の牛肉弁当 | トップページ | ゴミ袋の置き場&古トイレ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ