« 明治41年『少女界』の「歴史双六」 | トップページ | オリヅルランを水栽培 »

2020年11月 3日 (火)

オリヅルランをまた地植えに

 秋も深まって、繁茂していた露草が枯れてしまいましたので、その枯れ草を取り除いて、鉢植えのオリヅルランを植えることにしました。

 これらの面々です。
Orizuru202011a
 周りに散っている白いのは山茶花の花びらです。いっぱい咲いています。

 これらのオリヅルランは、昨年、ランナーからちぎれてしまった子株を鉢植えにしたものです。
 地植えにしようにも、露草が生い茂っていて叶いませんでしたので、露草が枯れるのを待っていました。

 植え付け完了。
Orizuru202011b

 この場所には露草の種がたくさん落ちているでしょうから、春になったら、また露草が生えてきましょう。
 眠りから覚めた露草は「ん? なんか狭いな」と思いつつも、どんどん増えて行くことでしょう。
 来年はまた露草とオリヅルランとの共存を楽しめそうです。

« 明治41年『少女界』の「歴史双六」 | トップページ | オリヅルランを水栽培 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治41年『少女界』の「歴史双六」 | トップページ | オリヅルランを水栽培 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ