« 水栽培のオリヅルランを鉢植えに | トップページ | ゴミ袋12個&親知らずのかけら »

2020年11月12日 (木)

菅原孝標の娘の上京1000年

 毎月愛読しているJR東日本の新幹線の車内誌『トランヴェール』の11月号の特集は「『更級日記』でめぐる、千葉・茨城」です。
Trainvert202011a

 9月号は『奥のほそ道』の俳句の英訳でしたし、しばしば古典を取り上げてくれるのは嬉しいことです。

 今号にはこんな解説もありました。
Trainvert202011b
 菅原孝標の娘が上京してからちょうど1000年なのですね。
 これは知りませんでした。

« 水栽培のオリヅルランを鉢植えに | トップページ | ゴミ袋12個&親知らずのかけら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

>菅原孝標の娘が上京してからちょうど1000年

へえ、そうなんですか。
あんまり考えもしなかったな。どっちかというと日本書記1300年の方が気になって、その関係で何かやってくれないかなあとばかり思っていました。

でも、更級日記の冒頭部・・・授業ではかなりの回数でお世話になりました。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。私もこの雑誌で初めて知りました。

 源氏の千年紀などありましたし、あの頃の出来事の千年目って、あれこれありそですね。

 日本書紀の千三百年は、オリンピックとぶつかり、コロナとぶつかり、散々ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水栽培のオリヅルランを鉢植えに | トップページ | ゴミ袋12個&親知らずのかけら »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ